人気ブログランキング |

12/3(水)

TOKUZO 10周年企画第8弾。 ATOMIC[マグヌス・ブルー(tp)フレデリク・ユンクヴィスト(sax, cl)ホーヴァル・ヴィーク(p)インゲブリグト・ホーケル・フラーテン(b)ポール・ニルセン・ラヴ(ds, per)]。これは、期待に違わず、素晴らしかった。アプローチの仕方に関しては、腰が抜けるような新しい解釈が有るわけではない。どちらかと言うと、重い150キロのストレートと、えぐるようなシュートを武器にして、16奪三振完封が出来る久々の大型本格派ピッチャーという感じです。インプロも、自由でありながら非常に練られた感じがするところが、バンドたる所以である。ドラムのポール・ニルセン・ラヴは、スピード感のある素晴らしいドラマー。4ビートをやっても、いわゆるスウィングするという感じではなく、16ビートやラテンっぽい感じのシンバルワークでファンキーです。重量感、完成度、現代性と三拍子揃った、今のヨーロッパジャズ最高峰の横綱バンド、見逃した人は、次回絶対っ!!!!
by ahoinu_diary | 2008-12-19 01:45 | 2008.12