人気ブログランキング |

カテゴリ:*12月の日記( 25 )

12/31(日)

今年の年末年始は3連休!去年までは二日から営業していたので、今年は一日多めに休めます。正月の食材を買って、店に〆縄を貼って、夕方からビールを飲み出す。豊ちゃん、エディ、ヤスコ、エレ浜達がやって来て、ずりずりと飲む。豊ちゃんはフォアグラを買ってきて、調理する。エディはいくら。鍋は魚すきです。紅白は、前川清が圧倒的でしたっ!!今年は内山田洋が死んだので、残りのメンバーが集まって、一夜限りのクールファイブ再編です。曲は「長崎は今日も雨だった」!気合いが違うわなっ!感動しました。紅白で前川清がいいと、一年が無事終わった感じがするんよね。5割くらいの確率で、つまらん時があります。何年前だったっけ、福島ナンタラとかいうヤツの作った、タランタランなニューミュージック(死語!)なんか唄いやがって、ちゃぶ台爆破モノだったぞ。真面目にやらなアカンわぁ!
by ahoinu_diary | 2007-01-12 23:04 | *12月の日記

12/30(土)

大忘年会!!今年のTOKUZO BANDのレパートリーは、美川憲一の「お金を頂戴」。臼井君はメロディーすらデタラメ唄っておりました。来客は少し減って140人ほど。地底シスターズ無かったしな。ちょっと、出し物が手薄になってきてます。新規開拓しなくちゃ!加藤智宏とコントやりたいなぁ・・・。ちゃんと練習するから、やってくんないかなぁ。
by ahoinu_diary | 2007-01-12 23:03 | *12月の日記

12/29(金)

半月ほど前、カルロス・ジョンスンが、来日するけどやらないかというお誘い情報が入った。カルロス・ジョンスンと言えば、シカゴでは有名なギタリストなのだが、リーダーアルバムが無く、日本の知名度はほとんど無い人だった。それが2004年のジャパン・ブルース・カーニバルに、脳梗塞で倒れたばかりで、万全ではないオーティス・ラッシュの助っ人として、急遽来日したのだ。最初こそとまどいを隠せなかったお客さん達が、その素晴らしいギタープレイにどんどん引き込まれ、最後は熱狂してしまったというそのステージは、残念ながら観ていないが、噂にはきいていた。その後、彼は自分名義のアルバムも何枚か出しているという。
 今回カルロスは一人で来日するのだそうだ。そして、バンドをこちらで付けてツアーをやりたいという意向なのだ。メールには「このような企画は得三さん、磔磔さん以外にはお願い出来ないのでメールさせて頂きました。」と書いてあった。そんなこと言われたら、燃えますがな。すぐに磔磔・水島と連絡を取って、日程をすりあわす。バックバンドも相談して、名古屋・京都の混成バンドにベースの倉本を加えてメンバーを決めた。『横山一明(g)登敬三(sax)加藤エレナ(key)倉本巳典(b)坂井カバ男(ds)』。3/14(水)磔磔、3/15(木)得三です。得三久々の来日ブルースマン公演、たのしみです。よろしくね。
by ahoinu_diary | 2007-01-12 23:02 | *12月の日記

12/29(金)

ラブリーへ森山威男バンドを見に行く。毎年ラブリーの年末は森山バンドで暮れるのでありました。ハートランドの本田が来ていたぞ。ライブハウスの人間と、全然別のライブハウスで会うのは楽しいもんです。終わって飲んでいたら、森山さんが声をかけてくれて、9/1の三上寛との演奏を楽しかったと言ってくれたので、大層嬉しかった。いい店だった、とも言ってもらえた。こりゃまた嬉しく、さらに飲んだのでした。
by ahoinu_diary | 2007-01-12 23:01 | *12月の日記

12/27(水)

初めてholonを観た。holonは、K.D.JAPONの森田太郎君(dance)とこころ君(映像)のユニットで、根幹は音をKei(gt)+鈴木悦久+聖澤聡の3人がつける。ステージの前に貼られたスクリーンの向こう側から光が当てられ、太郎君のダンスの影がうつるという仕掛け。映像も液体の層をかませたりしてオサイケですな。そういえば、K.D.JAPONのエスニックおでんは、遂に始動した模様。食べに行かなくちゃ!
by ahoinu_diary | 2007-01-12 23:00 | *12月の日記

12/26(火)

昨日も最後はヨレヨレでござったわい。ホテルを出てラーメン食って新幹線に乗ったら、ホワァッと気持ちよくなってきて、起きたら静岡。静岡駅ホームのキオスクにはミカンばら売り70円、というのがあって、それを食いながら帰ってきたのでした。もうちょっとで、崎陽軒のしゅうまい食うはめになるとこだった。
by ahoinu_diary | 2006-12-27 00:03 | *12月の日記

12/25(月)

磔磔へ、The Verbs with 奥田民夫と言うのを見に行く。スティーブ・ジョーダン、ピノ・パラディーノ、ダニー・クーチマーでごわす。開場を待ってるときにジェームズ・ブラウン死すのニュースを聞く。ヤツも死んだりするんだな。死なない人間はいないと言うのを実感した。その後も、メールやら電話やらでJBニュースは何度も耳に届く。そうこうするうち、ライブは始まる。磔磔・水島氏のはからいで、河井、倉本、僕の3人は、ミュージシャン通路で特別鑑賞、スティーブまで4メートル、ピノまで5メートルの位置。今が旬の世界的リズムセクションを、こんな近くで聴けるとは贅沢贅沢、なのじゃ。いやぁ、バッチリでしたっ!実にシンプルで、リズムがどんどん分厚くなっていきます。バタバタ叩き散らかさないと間が持たないドラマー達に、一粒1万円で爪の垢を買わせなければあきません。ロック色の強い曲がほとんどだったのだが、最前列のアフロヘアーの男を指さして、「お前の頭に似合う音楽だ」とか何とか言って、オマケでJBマナーのファンクリズムを30秒ほど。さすがにかっこいい。このリズムセクションを、今度はファンキーな曲中心のセットで聴きたいな。ダニー・クーチはさすがに歳をとっていて、トレーナーにジャージ姿。なんだ、定年退職後の庭いじりスタイルじゃねぇか!でも熱くなってギターを弾く姿はお茶目なのでした。なんだか面白いバンドだな。民夫君も頑張ってましたぞ。
 終わって、南座の顔見世に出演中の中村芝喜松と合う。打ち上げにも行きたかったけど、芝喜松が通っているというジャズバーへ。チャーリー・クリスチャンや、ベッシー・スミスのSPを聴かせてくれた。めっちゃくちゃ音がいいです。そこのマスターは僕に似ているのだと芝喜松さん。「親父が医者で、バツイチなんだよ」だって。秋山一将さんのファーストアルバムってのも聴いちゃったぞ。秋山さん、歌を歌ってますっ!!発音がきれいで、なかなかイカスのでした。
by ahoinu_diary | 2006-12-27 00:02 | *12月の日記

12/23(土)

昨日も早く帰っちゃったんですが、昨日今日が忘年会のピークですかね。やっとちょっとは年末らしい感じがするな。そして、あしたはクリスマスイヴ。関係ないですけどね。いやいや、俺は仏教徒だ、とかそんなことではなく、旬でもない苺が乗ったでかいケーキを、わざわざこの時期に食う気もしないし、年で一番忙しいこの日に、時間制限をされてフランス料理を食う気もしないということです。並んで何かを買うとか、人混みで何かするとかが嫌いなんですかね。伊勢神宮には、絶対正月をはずして行くのです。
by ahoinu_diary | 2006-12-24 19:16 | *12月の日記

12/22(金)

昨日は、早めに帰り、ゆっくり風呂へ入って、ビデオを観た。酒を抜いたので眠れなくて、3本も観ちゃった。「黒い一粒のプライド」という映画は、もともと演劇の脚本だったものの映画化で、ある家族の住むアパートの中だけで物語が進む。3時間ずぅ〜と、舞台はアパートの室内です。出演者も舞台役者っぽい人が多いです。家族の絆ドラマで、ダニー・グローヴァー主演。ダニーは、アクションやコメディーも多いのだけど、シリアスな役もきっちりこなす、しっかりした役者さんです。
監督も黒人監督で、ビル・デューク。彼はこの後、グレゴリー・ハインズとフォレスト・ウィテカーで「レイジ・イン・ハーレム」(1991) 、ローレンス・フィッシュバーンで「ディープ・カバー」(1992) このサントラで、スヌープ・ドギー・ドッグがデビューしたのです。そしてウーピー・ゴールドバーグで「天使にラブ・ソングを2」(1993)音楽シーン満載のこれにはローリン・ヒルも出てまっせ。さらに黒人監督ばかり3人のオムニバス映画「ドリームス・オブ・アメリカ」(1996) 、再びローレンス・フィッシュバーンで「奴らに深き眠りを」(1997)あたりまで調子よかったんですが、最近名前を聞きません。まだ60代半ばだから、頑張って欲しいもんです。
by ahoinu_diary | 2006-12-24 19:15 | *12月の日記

12/21(木)

昨日は、みんなでクレイジーキャッツを聴いて楽しく飲んだ。でも、案外みんなクレイジーを知らないんですね。ハシケンもあんまり知らなかったみたい。僕の隣のお客さんも、「ちゃんと聴いたのは初めてだ」と言っていた。そんなことじゃ駄目ですっ!と、怒り狂って2回続けてCDをかけた。全曲サビの部分は一緒に歌いたくなるなぁ。素晴らしいっ!と御機嫌であったが、今朝起きたら痔が悪化してしまっていた。昨日の昼にMORIのカレーを食ったのもまずかったようだ。トホホ・・・。
 ライブはCaravan、キーボードがYANCYでした。チケットは完売!エライ盛り上がって、お客さんの大合唱でアンコール。楽屋にいたメンバーも「こんな事は初めてだ」とビックリしていた。
by ahoinu_diary | 2006-12-24 19:14 | *12月の日記