カテゴリ:*4月の日記( 21 )

4/30(月)

くぅ〜・・・横浜に3連敗!!情けない試合だなぁ。10日くらいに、何人も風邪をひいたときから、ずっとパッとしない。明日から巨人かいな。
by ahoinu_diary | 2007-05-03 21:47 | *4月の日記

4/28(土)

深夜にホトケがやってくる。木下と3人でブッチャーの話をした。こうやって話さないと、落ち着かないもんな。話は、色んな所にズレていくが、いつのまにやらまたブッチャーの話。そんなことを何度も繰り返して夜は更けていくのです。
by ahoinu_diary | 2007-05-03 21:47 | *4月の日記

4/26(木)

一昨日、パルルの新見さんと話していた。新見さんは最近ヘビーなカントリーに凝っているらしく、色々探し出しては聴いているらしい。僕はカントリーという音楽と極端に縁が無く、ジミー・ロジャース(ブルースの人じゃないよ)なんていう大有名人ですら、まともに聴いたことがないのだ。みんなで「カントリー・ロード」なんて曲を唄いながら「イヤッホ〜ッ」なんてかけ声をかけているイメージが、死ぬほど嫌いだからだ。まぁ、とんでもない偏見だとは思うのだけどね。だから、そうじゃないカントリーだったら聴いてみたいと思い、レコードコンサートをやりませんかと声をかけてみた。新見さんが、どのようなところに共感しているのかも聞いてみたいしね。ついでに、僕もちょっと興味を持っている、ダン・ペンみたいなサザンソウルに関与していた白人ライター達の音源を色々さがして、二人でやってみようかという話になった。新見さんが聴いているモノの音を聴いたことがないので、感でしか言えないが、なんとなく両者には共通した空気があるのではないかと思えたからだ。それはいいな、と意気投合し、日にちを11月23日に決定した。僕と新見さんは、同じ誕生日で、その日に二人して50歳になるのであった。なんかいいなぁ。その日は、おめでたくも楽しくもない音楽が、大音量で得三に流れるのであります。
 そんなこんなで、昨日正文館へいって、ヒルビリーや古いカントリーのことを書いてある本を探しに行ったら、ブルース&ソウルレコードという雑誌の表紙がカルロス・ジョンスンだったので買ってきた。写真に、ちいさく代女形やエレナが写ってるぞ。おっ、倉本も写ってる。カバは腹から首まで写ってるぜ。ひゃっひゃっひゃと見ていくと、The Blues Powerの記事で、ホトケの4ページに渡るインタビュー。く〜っ、無念だろうなぁ・・・。さらに、先日ビデオでドキュメンタリーを観たばかりの山岸潤史インタビュー。そして日暮さんの連載記事では、僕も大好きなウォルター・デイヴィスの記事、さすがに知らないことが満載です。71年に出たディヴィス初の単独リシューアルバムは、僕も持ってるぜ。そういえば、房之助に頼まれて、そのレコードを録音して菊地雅章さんに渡したことがあった。菊地さん、ウォルター・デイヴィスを聴いてどう思っただろう。陰鬱なんだけど、なんかの拍子に、ふとメランコリックに感じたりするのは僕だけかな?日暮さんはSPで集めてるのか・・・。う〜ん、なんだか、執念を感じます。
by ahoinu_diary | 2007-05-03 21:46 | *4月の日記

4/25(水)

店に来て、いつものようにメールを開く。ここのところ当たりが多いです。『件名:パプアニューギニア人の主人の事で相談があります。。』・・・きましたねぇ。以前、『パキスタン人の彼氏が住職をクビになってしまって。。。』というのが来たことがあって、かなり面白かったのだが、推測するに、彼氏がパキスタンに帰ってしまった後、その人はパプアニューギニアの人と結婚したのだと思う。同一人物の匂いがするのです。読んでみよう!

 突然のメールごめんなさい。
 浩子といいます。33歳既婚、主人の仕事の手伝いをしています。
 主人の件で、相談があるんです。
 主人はパプアニューギニア人で、日本で料亭を営んでいます。
 そこまではいいのですが、問題が一つあって。。
 料亭をオープンするぐらい日本好きの主人なんですが、
 ただ一つ、和服にだけは馴染めないみたいで。
 日本料亭でありながらも、出身国のままの格好で応対してるんです。

 つまり、ほぼ全裸にシンボルケースのみの格好なんです。

 主人が料理を運んだりするために部屋に入った途端、
 お客様は悲鳴を上げパニック状態になるんです。
 やはり…股間に白い牙を装着した褐色の肌の異国人が
 そういう場にいきなり登場したら驚くものでしょうか。

 http://scrambl〜〜〜〜〜〜
 ここにその動画をアップしておきました。
 主人が登場した途端に料亭内がパニックになっている動画です。
 動画を見て、こんな状況下で料亭を続けても大丈夫かどうか
 第三者の意見を聞かせてください。

なんか、頑張ってるよなぁ。クリックしたくなっちゃうもんな。別に料理は、だんなが持っていかずに浩子さんが持っていけばいいんじゃないかと思うけど、まぁ、経済的に成り立ってるんなら、別に料亭を続ければいいでしょ。人に相談することは有りません。

 などと、アホなことを書いていたら5/2(水)に予定されていたHELLAのメンバーが急病で、来日中止になってしまった。一年に一回くらいこういうことがあるのだ。ぴあに電話かけなきゃ!!
by ahoinu_diary | 2007-04-25 21:17 | *4月の日記

4/24(火)

昼飯を食いながら中日スポーツを読んでいたら、芸能欄に山崎まさよしが主題曲をやった映画の試写会かなんかで、ホトケが出てブルース唄ったと書いてあった。記事にはブッチャーのことにも触れてある。ホーさん、葬式の後、この仕事があったんだ!
 ライブは、Ett/上野茂都。まず、上野さんソロ、そこにkei君が入って休憩。後半はEttがやって、そこに上野さんが入り3人のステージだった。上野さんは、毎回なにかをネタにした長編の歴史物考察講義を用意してくれるのだが、今回はコメダコーヒーの新名古屋名物、シロノワールの起源を江戸時代に遡るという講義であった。深夜に、酔っぱらって意味不明になった天野天街等と一緒に飲む。
by ahoinu_diary | 2007-04-25 21:16 | *4月の日記

4/23(月)

朝から、林とブッチャーさんの葬式に行く。川崎の葬儀場に着くと、ホトケや橋川、梶原さん、ローディーで何度も得三に来てくれている人達、凄くたくさんの人達がいる。長い列の焼香を終わって、2階の控え室へ。磔磔の水島氏、キーボードのヒカル、みんな言葉少なに挨拶を交わすのみ。最後に一目顔を見たかったけど、人が多すぎて無理だな。ベースの松原秀樹さんの顔も見える。相方がいなくなってしまったな。今日はホトケ、ブッチャー、沼澤尚で始めたThe Blues Powerの、デビューアルバム発売日なのだった。会場では、そのCDが流れている。The Blues Powerは、今月の5日に先行発売で得三に来たばかり。バンドらしい、すばらしい演奏を聴かせてくれた。ブッチャーさんは、2年ほど前に慢性肝炎が発覚し、インターフェロン治療をやっていた。その時から、あんなに楽しく飲んでいた酒をピッタリやめていたのだが、5日はステージが終わってから、カクテルを飲んでいた。「最近、飲んでるの?」と聞くと、たまぁに薄いのを一杯飲むのだと言う。初めて話したのは何年前だろう。近藤房之助の、ジゴッツというバンドをやっていたときだったから、得三が出来る前だ。新栄のオーティスで、何か馬鹿なことを言って笑ったのを思い出す。最後にあった5日の日も、スライドバーを刺しておく為の、クリップの付いた棒を、尻に刺す真似をして「どうですか?森田さん。」と言っていた。黙っているとヤクザみたいな人相が、笑うととたんに人なつっこくなった。馬鹿なことばっかり言って笑ってるのが好きだったけど、こと音楽となると、実にミュージシャンシップに溢れたギタリストだった。ブルースの深いところを探ろうと、ズブズブと深みに入っていった矢先の死で、本人も無念だろうが、僕も楽しみがひとつ無くなってしまったなぁ。人の命は、重いくせにあっけないもんだ。寂しいなぁ。
by ahoinu_diary | 2007-04-24 22:48 | *4月の日記

4/22(日)

レナード衛藤 Blendrums[レナード衛藤(太鼓)菊地英二(ds)芳垣安洋(ds)]ベースの早川岳晴氏が、交通事故で足を骨折して欠場、打楽器3人だけのステージとなったが、問題なく楽しめた。終わって、何となく久しぶりの芳垣さんと飲む。10月に、うまくいけば大友ニュージャズオーケストラとROVOの大所帯2バンドで登場してくれるかも知れない。その後、菊地さんやレナードさんとどんどん飲んでしまう。明日、早くからブッチャーの葬式に行かなくちゃいけないのになぁ。僕は昔から、翌日早起きだと、決まって飲んでしまう癖があるのだった。なんでだろう・・・。
by ahoinu_diary | 2007-04-24 22:47 | *4月の日記

4/21(土)

明日のレナード衛藤は、ベース抜き、打楽器3人のみでやるとのこと。ブッチャーの方は、明日がお通夜、月曜日に葬式だそうだ。葬式には行けそうだな。
 SO-DOが終わって、ワイワイと飲んでいたら、キョン達がやって来た。ガブガブと飲む。
by ahoinu_diary | 2007-04-22 20:26 | *4月の日記

4/20(金)

夜9時半頃、永井“ホトケ”隆氏から電話が入る。ブッチャー浅野さんの訃報であった。5日程前に緊急入院していて、あまりよくないとの報告は受けていた。続いて、ウインターランドの橋川氏、ギタリストの梶原順さんからも電話。言葉がない。
 そうこうしていたら渡辺真智子から電話。ベースの早川岳晴氏が自転車事故で足を骨折したという。ありゃっ!明後日、得三でベースを弾くことになってるぞ。慌ててバンマスのレナード衛藤さんに、留守電を入れる。
by ahoinu_diary | 2007-04-22 20:26 | *4月の日記

4/19(木)

いやぁ!ドラゴンズ大逆転じゃぁ!!6点差をひっくり返しちゃったんだぜ!バンドの入れ替えの時、丁度控え室の所にいて、立浪のタイムリーでThe Tightsの石垣とハイタッチ!!!立浪の精神力は、本当に凄い。得点圏にランナーがいるときの集中力なんて、人間業とは思えないのでした。泣きそうになります。
 夜、ちょっとピカイチで飯を食っていたら、ター君が来て「昨日キヨシローさんがみえましたよ。」と言う。名古屋ドームへ野球を見に来て、川又さんと一緒に飯を食いに来たのだそうだ。とても元気そうだったとのこと。よかったなぁ!!
by ahoinu_diary | 2007-04-22 20:25 | *4月の日記