人気ブログランキング |

カテゴリ:5月の日記( 21 )

5/18(火)

石河光也の火傷、最新情報が入った。結論から言うと、おおよそ、大丈夫そうだ。もうICUからは出て、形成外科のハイケアエリアと言うところにいるそうだ。現代の医学はものすごくて、火傷もどんどん治っているとのこと。毒舌も健在で、10月の復活を目標に頑張っているらしいです。よかったぁ!!!!
by ahoinu_diary | 2010-05-18 21:31 | 5月の日記

5/31(木)

MASSA[佐藤正治(vo.per)太田恵資(vln)細井豊(key)]。前回より、バンドっぽくなっていて、なんとなくメンバー間の統一感が増した感じ。ユタさんが、水谷アキラの曲を歌うのだけど、両者のバージョンでは、同じ歌でも歌の意味が違って聞こえてしまうのが、面白い。曲が売れて、印税がドカドカ入ってきて、儲かってしょうがないという内容の歌なんですけどね・・・。
by ahoinu_diary | 2007-06-17 20:27 | 5月の日記

5/30(水)

タナコウ/キャプテン・ブルース/ポポロン。タナコウ君は、地元だと思って誘ったら、東京に行っちゃったんですね。ちぇっ!
by ahoinu_diary | 2007-06-17 20:26 | 5月の日記

5/29(火)

2daysでやった、モロ師岡とふちがみとふなと。昨日やったフチフナを交えてのコントは、今日はやらなかった。最後の、モロ、フォークシンガーとなるの巻は、えらい面白く、久々に「ズッコケる」という言葉を思い出す。「モロ師岡のズッコケ・フォーク」!!是非、忘年会で観たいもんだ!!
by ahoinu_diary | 2007-06-17 20:26 | 5月の日記

5/26(土)

「騒音寺・ワンマン!」年に1〜2回ある騒音寺のワンマン。お客さんも、結構それを楽しみにしているのが判った。次はいつかな??
by ahoinu_diary | 2007-06-17 20:25 | 5月の日記

5/25(金)

実は3日ほど前の深夜、今池公園へこっそり行って、学と美咲を連れて、かねてからの懸案であったウコンを植えてきちゃったんですねぇ。最近、今池公園の一番日当りの良さそうなところに花壇ができまして、まだ芽は出てないのですが、おそらくいろんな花の種が蒔かれていると思われるのです。その花壇の北側に、2メーターくらいに渡って植えてきました。今日の雨はいい感じですな。地下ではしゅるしゅるっと根を張る準備をしかけていると思われます。梅雨にしっかりと根を張って、夏の日差しを受けてグングンとたくましく育ったウコンは、秋口に見事な白い花を咲かせることでしょう。・・・という計画だったのですが、多年草っぽいので一年目ははななんか咲かないんじゃないかという話が出た。一瞬、シュンとしてしまったのだが、そのかわり3年くらい経って、地下でウコンの茎がベトコンの地下道のように張り巡らされたら、手が付けられないくらい咲き乱れるかもしれないぞ、と思い直したのであった。ウコンと言う植物は、ことのほか繁殖能力が強いようで、結構ほかりっぱなしでもグングン育つようなのです。花は鑑賞用としても優れていて、咲いてる期間も長いと書いてありました。ウコンの花なんて、見たことある人少ないだろうから、びっくりするかもしれない。いいなぁ!こうなったら、もうめったやたら、そこかしこに咲きまくってほしい。いっそのこと、今池の町花にしちゃったらどうだろう。商店街に提案しようかな。飲み屋街にウコン。つじつま合ってんじゃないのっ!
by ahoinu_diary | 2007-05-26 18:29 | 5月の日記

5/24(木)

今月から、商店街の仕事が忙しくなりそう。今池祭り以外にも、イヴェントを何本かやることになりそうなのだ。それでもって、本日は昼の3時から、開店前の「きも善」でミーティングです。損しても儲かっても自分で責任をとる店の仕事と違って、商店街で集めた、みんなの金を扱うので、ややこしくて大変です。今年から、いままでより深く商店街と関わろうと決意して参加しているのですが、いやはや難しいです。商店街が盛り上がって、人が集まる魅力のある街にしようと言う、単純な共通目的で、ましてや誰か個人が儲かるというような話ではないのだけれど、なかなかうまくまとまらないもんですねぇ。人は様々で、僕のような狭い世界でずっと生きてきた人間には、考えさせられることが多いです。なんとなく白髪が増えたかも。今度、いつも紙を切ってくれてるカリスマ美容師、末原のところへ行って、訳の分かんない色でも入れちゃおうかな。
by ahoinu_diary | 2007-05-26 18:28 | 5月の日記

5/20(日)

尾崎孝グループ[尾崎孝(steel g)六川正彦(b)濱田尚哉(ds)尾崎博志(steel g.g)/ロンサム・ストリングス[桜井芳樹(g)田村玄一(wissenborn.steel g)原さとし(banjo)松永孝義(b)]。桜井さんが、会って一言めに「相撲見てますか?」と訊いてくる。忙しくて野球を追うのに精一杯で、話ができずに残念。ロンサム・ストリングスは、初めて見たが、やっパッリロンサムなムード漂うインスト・バンドでした。後で登場した尾崎さんは、名手と謳われるだけあって、さすがにうまい。ペダル・スティールのほかにアコースティックのラップスティールギターも使っていた。バンドのメンバーには息子さんもいて、彼もペダルスティールを弾く。一拍がたっぷりしている感じが、親ゆずりだった。ロンサムは今度、おおはた雄一君と回るかもしれないとのこと。なるほど、そりゃ楽しそうでござる。
by ahoinu_diary | 2007-05-26 18:28 | 5月の日記

5/19(土)

バンバンバザールクインテット[福島康之(vo.g)富永寛之(g)黒川修(b)平林義晴(ds)下田卓(tp)]。徹底して楽しませるステージは、日本中をライブしまくっているたまものだ。そんな福島君と楽屋でツアー話。スタッフのマル子が高知出身で、口癖のように「高知にはツアーバンドが来ない」と言っているので、高知に行ったことあるかと訪ねると、やっぱり行ってないと言う。獣道ツアーで有名なバンバンが行ってなかったら、ほかのバンドが行ってるわけないよなぁ、と思う。でも、宇和島には行ったのだそうだ。最近高速だかなんだかが開通したらしく、行きやすくなったらしい。昔は陸の孤島のようなところで、むしろ船で九州へ行くほうが便がよく、熊本なんかの文化に似ていたりして、不思議なところなだという。すごく面白いですよ、と言っていた。
by ahoinu_diary | 2007-05-26 18:27 | 5月の日記

5/14(月)

Amos Garrett[岡嶋文(b)今井忍(g)]。楽しみにしていたエイモス・ギャレットは、エレキとアコースティック、持ち替えてのステージだった。やっぱりエレキで魅力は発揮されますな。レギュラーチューニングで、エフェクターは一切なし。フェンダーのアンプにブスッと突っ込まれたギターからは、得も知れぬ甘く甘美な音が流れ出す。魔法みたいないい音だぁ!そして世界中の誰もできない、唯一無比のチョーキングは、僕の尿道や蟻の戸渡りをくすぐりまくるのでした。全曲カバーだったんじゃないかな。原曲を知ってるのが結構あったのだが、どれもがちゃんと自分のスタイルになっていて、ありゃカバーもオリジナルも関係ないですな。のっけから「T-Bone シャッフル」で始まったのを見てもわかる通り、やっぱりブルースには愛着があるようだが、自分でプレイするにはストレートなガチガチのブルースよりも、ちょっとおしゃれな曲が好きなようだった。キャブ・キャロウェイなんてものやってました。
by ahoinu_diary | 2007-05-26 18:27 | 5月の日記