カテゴリ:2007.12( 21 )

12/31(月)

去年から正月休みを3日に延ばした。一回延ばすと、元に戻せませんねぇ。歳だなぁ。忘年会疲れの体を無理矢理たてにして、年末年始の食い物を調達。いつも買いすぎてしまい 、食いたくもないのに無理矢理食わなきゃいけない羽目に陥るので、気を付けながら買う。だいたい正月ったって、ユニーは元旦からやってるし、買いだめする必要は無いのです。
 帰ってきたら横になりつつ、いつもの年越しメンバーを待つ。エディーやエレ浜達がやってきて、今年は鶏すきとホルモン鍋。両方うまかった。紅白は、前川清と寺尾聰のバック!特別賞で、紅白に作業着とゴム長靴で出た、鳥羽一郎。高牟神社でひいたおみくじは中吉じゃぁ!
[PR]
by ahoinu_diary | 2008-01-09 23:15 | 2007.12

12/30(日)

大忘年会。来客は180人ほど。開店と同時に満席になって朝の5時まで人が引かないのである。トクゾーズは、「今池音頭」。踊り付きで盛り上がった。久々に参加の「地底シスターズ」は、「ドりーム・ガールズ」ネタで、どっかんどっかん受けまくり。余興であそこまでやりゃぁ、大したもんです。栗ちゃんが来れずに、急遽ピン芸となったエレ浜も凄かった。鬼の様に飲みまくった酒の量を、今年もチェックし忘れたなぁ。来年こそはちゃんとチェックして、この日記上で発表しよう。得三の忘年会を知らない人は、たぶん腰を抜かしますっ!
[PR]
by ahoinu_diary | 2008-01-09 23:15 | 2007.12

12/29(土)

〜モロ師岡歳末大売出し〜最終日は場所をTOKUZOに移して、モロ師岡に、ふちがみとふなとと、いとうたかおを迎えて、豪華版。モロ・ふちふなは、二回目かつ二日目ということもあり、いい感じ。ペケも、モロさんの「薬の効能書きリーディング」とギターでコラボ。お互い刺激されあって、昇り詰めていくという見事なスウィングをみせた。おまけは「神田川」をペケが歌ったシーン。モロさんの替え歌の、前振りとして歌ったのだが、さすがに歌いにくそう。いやはや、長生きすると色んなことがあるもんですなぁ。
[PR]
by ahoinu_diary | 2008-01-09 23:14 | 2007.12

12/27(木)

TOKUZO×G/pit合同企画〜モロ師岡歳末大売出し〜の3DAYSが、始まった。今日、明日二日間は伏見のG/pitというインディペンデント劇場で、行われる。今日はモロ諸岡のソロ公演だ。会場には二日後には、一緒のステージに立つ、いとうたかおの顔も見える。ステージには、四畳半が出現し、サラリーマン落語では炬燵が高座に早変わり。泣けるSF「ポスト」と、一人だけ忘年会に誘われなかったサラリーマンという、設定だけでモロ・ワールドなコント。しみじみワールドを堪能した。
 帰り道に、街の年末気分は、どんな展開を見せているのかと、伏見から今池まで、あちこち寄り道しながら歩いてきたが、年末気分なんて、栄の一部で少しあったかなと思うくらいで、全然地味なもんです。景気悪いっす!!
[PR]
by ahoinu_diary | 2008-01-09 23:14 | 2007.12

12/24(月)

2年連続クリスマスに登場の上野茂都さん。今年のお相手は、ギターパンダ・山川のりを君であります。さすがのエンターティナーのりを君も、上野さんのペースに絡んでスウィングするのは難しそうで、笑えます。上野さんは「今池音頭」の替え歌「今池音頭2007」というのも披露してくれました。今度は、誰と組むのかなぁ、ハヤシっ!
 「アマンドラ!希望の唄」というDVDを見た。南アフリカの、反アパルトヘイト運動の歴史を追ったドキュメンタリーで、これを先に見ておけば、他のアパルトヘイト関係の映画等がわかりやすかったのにと思った。中で出てくる「反アパルトヘイト運動は、音楽が起こした革命なのだ」というコメントでも明らかなように、音楽がふんだんに出てくる。ヒュー・マセケラや、今や文化大臣となったミリアム・マケーバも、元気な姿を見せるが、彼らがマンデーラの政府になるまで、長い間国外追放だったとは、知らなかったなぁ。
[PR]
by ahoinu_diary | 2008-01-09 23:14 | 2007.12

12/23(日)

夕方、名物お好み焼き屋の「今池屋」の前を通ったら身丈1メーターほどの、サンタクロースが立っている。お好み焼きとサンタクロースは、にわかにはマッチしないではないか。なんだなんだ、と思って近づいてゆくと、やはり店主も同じように感じているようだ。グッと握られた白い手袋の両手には、一本ずつお好み焼きのコテが握られているではないか!その、いいあんばいの無理矢理感に、道ばたでガハハッと笑ってしまったぞ。実にいい風景であった。あっぱれ、今池屋!
[PR]
by ahoinu_diary | 2007-12-30 01:16 | 2007.12

12/22(土)

梶原順トリオ [川内啓史(b)小笠原拓海(ds)]。梶原黄門様が、若い角さん助さんを連れてやってきた感じです。ギタートリオで、どんな感じになるかと思っていたのだが、さすがに飽きさせません。安易にベースソロ、ドラムソロに走らず、曲想やアレンジ等で変化を付けていくあたりは、引き出しが豊富だなぁ。
 この日は、そのまま神戸まで移動だったので、ゆっくりは飲めなかったのだが、先日、直枝氏に聞いたブッチャー、江口ノ高校時代のバンドノ話をすると、順サンモ知っていて、なんとベースは中村キタローさんだったらしいのだ。なんじゃ、それぇ!
[PR]
by ahoinu_diary | 2007-12-30 01:16 | 2007.12

12/21(金)

イエス玉川さんは、浪曲師。初めて聴いたが、まず声にびっくりする。この声を出せるのは、今日本で私だけです、と言っていたが、それが確固たる一つの発声法を指しているのか、自分の声は自分一人だけの物だということなのか、確かめられず。ただ、「確固たる一つの発声法」である、と言われても納得するような、特殊な声であった。前半にやった漫談部分も、ずいぶん笑った。人が悪い感じが、僕好みですな。『野球選手と言えば、何億ももらってる人がいっぱいいる。そんな奴らを5万人もの貧乏人が取り囲んで、必死にガンバレガンバレと応援する。お前らがもっと頑張れ!』と言っていた。まるで僕のことだが、やっぱり笑えます。
[PR]
by ahoinu_diary | 2007-12-30 01:15 | 2007.12

12/19(水)

ミドリ/オシリペンペンズ/宇宙三輪車/ビビビビ/枡本航太。名古屋にも、若くて元気なバンドがちゃんといて、うれしいですな。そういえば、僕も20代の頃はこんな感じもあったなぁと、思った次第。戻りたいとは思わないけどね・・・。
[PR]
by ahoinu_diary | 2007-12-30 01:15 | 2007.12

12/18(火)

サンタラ/Gulliver Get/Up Rah-M。三組とも女性ヴォーカルの日。三者三様で、それぞれ、チャント持ち味が有って、面白かった。僕の好みは・・・と。
[PR]
by ahoinu_diary | 2007-12-30 01:15 | 2007.12