人気ブログランキング |

カテゴリ:2008.7( 25 )

7/16(水)

ミラーボールズの初ワンマンを見たかったけれど、息子と飲む約束をしていたので、外へ出る。息子は学者で、時々面白いことを言って勉強になる。動物の中で、子供を作る前より、それ以後の方が長い時間生きている、なんてのは、人間だけだそうだ。考えて見りゃ、そうだよなぁ。だから、生きがいだの、なんだの、訳のわからないことを言い出すという話なのだが、至極もっとも。動物として精神的に畸形なのですね。すっきりするなぁ。
by ahoinu_diary | 2008-07-29 00:55 | 2008.7

7/14(月)

7 That Spells ゲスト:津山篤・河端一・東洋之。7 That Spellsはクロアチアのアシッド・マザーズと呼ばれているらしい。アシッド・マザーズも世界的ですなぁ。それに、本家アシッド・マザーズの3人が合体してのライブなのでした。仕事が山積みで、ライブ中もずっとパソコンから離れない僕に、河端君が、「僕も、結構パソコンばっかりやってますけど、お互い似合いませんなぁ・・・」と声をかけてきた。本当ですぜ。こんなはずじゃ無かったのであります。こんな風になるとは、全然思ってなかったなぁ。さして、いやではないのだけれど、人ってどうなるか判りませんねぇ。
 深夜にnobody knows+のリーダー、みつ君とマネージャーの渡辺君雅やってくる。彼らが名古屋の人たちで、CDのバッキング等を赤門の連中がやっているのは知っていた。話していたら、みつ君は以前ソウルバーをやっていたのだそうだ。ソウル関係の共通の知人がたくさんいて、すぐに気を許せて話が出来た。彼らの新曲は「イマイケサンバ」。メンバーの3人が、今池に住んでいたのだそうだ。
by ahoinu_diary | 2008-07-29 00:54 | 2008.7

7/19(土)

暑い!!とにかく暑い!!こんなに暑苦しいのに、バンドは HAYAKAWA [早川岳晴(b)赤澤洋次(g)橋本ジュン(g)磯部潤(ds)北澤篤(ds)]!!雑用に追われて、事務所から出れなかったのだが、屋根が鉄板で窓がないので、事務所はホントに蒸し暑いのです。そして、ベースの音が特に聞こえてくるのです。ある種のトランスです。
by ahoinu_diary | 2008-07-29 00:45 | 2008.7

7/17(木) 

道を歩いている人も、唄っている。店で飲んでいる酔っぱらいも、唄っている。TOKUZOスタッフも、仕込みや掃除をしながら唄っている。かくいう僕も、ちょっと気を許すと無意識に唄ってしまっている。『ポ〜ニョ、ポ〜ニョポニョ・・・』である。『キ〜ノコノコノコ元気な子・・・』というのも、なかなか抗いがたい者があったが、今回はさらに凄い。まてよ、『ポ〜ニョ、ポ〜ニョポニョ・・・』と『キ〜ノコノコノコ』は、譜割りがほとんど一緒ではないか!これが秘密かもしれない。『ポ〜ニョポニョ』と若干跳ねている分だけ、『ノコノコ』というベタの8分音符よりいいかもしれない。日本人は、跳ねた方が体に合うのである。昔、細野晴臣がインタビューで「すべての人間が、気持ちいいと感じる、音色と音程の配列があると思ってやっている」みたいなことを言っていて、凄く違和感を憶えたことがある。今でも、そんなはずはないという事を前提に僕は行動しているが、すべてとは言わないけれど、その時代の社会の空気の中でかなり高い確率で、好感を持つ音楽というのが、ひょっとしたらあるのかもしれないな。ポ〜ニョ、ポ〜ニョポニョ・・・。
by ahoinu_diary | 2008-07-29 00:44 | 2008.7

7/15(火)

まりも/AMPLI.。AMPLI.は、クアトロの田口君のバンド。田口君は「まりも」のコイちゃんの大学の同級生なのであります。二人が大学時代にやった、悲惨なバイトの話で盛り上がる。バイトをしちゃ、レコードを買ってた二人。二十歳頃ってみんな同じようなこと事をやってるんだなぁ。田口君は、クアトロへ入って15年以上たつらしい。
by ahoinu_diary | 2008-07-29 00:44 | 2008.7

7/13(日)

blues the -butcher 590213 [永井隆(vo.g)KOTEZ(harp.vo)中條卓(b)沼澤尚(ds)]徐々にお客さんが増えている。そして、男が増えて、年齢層は広がっている気がする。相変わらず聞き応えのある演奏だから、当たり前なのかもしれない。かなりバンドとしてのスタイルが、確立されてきているので、ここに毛色の違う房の助が入るのが、逆に楽しみだ。blues the -butche+房之助が有るのは9月1日。その日から、一年間、TOKUZO10周年が始まる。一月に2〜3本ずつ、オリジナル企画、東京以外ではなかなか観れない大所帯バンド、待ってましたの来日アーティスト等、TOKUZOらしく、そして特別感のあるラインナップにできればと思っている。もちろん地元アーティスト達にも、頑張ってもらわねばなりません。一年を3つに分けて、4ヶ月ずつまとめて発表したいと思っているのだが、とりあえず、今年いっぱい9本のスケジュールは決まりました。かなり充実しております。並べてみて、自分でもびっくりしました。最初にこんなんことやっちゃって後が続くかなぁ・・・・。
by ahoinu_diary | 2008-07-29 00:43 | 2008.7

7/13(日)

blues the -butcher 590213 [永井隆(vo.g)KOTEZ(harp.vo)中條卓(b)沼澤尚(ds)]徐々にお客さんが増えている。そして、男が増えて、年齢層は広がっている気がする。相変わらず聞き応えのある演奏だから、当たり前なのかもしれない。かなりバンドとしてのスタイルが、確立されてきているので、ここに毛色の違う房の助が入るのが、逆に楽しみだ。blues the -butche+房之助が有るのは9月1日。その日から、一年間、TOKUZO10周年が始まる。一月に2〜3本ずつ、オリジナル企画、東京以外ではなかなか観れない大所帯バンド、待ってましたの来日アーティスト等、TOKUZOらしく、そして特別感のあるラインナップにできればと思っている。もちろん地元アーティスト達にも、頑張ってもらわねばなりません。一年を3つに分けて、4ヶ月ずつまとめて発表したいと思っているのだが、とりあえず、今年いっぱい9本のスケジュールは決まりました。かなり充実しております。並べてみて、自分でもびっくりしました。最初にこんなんことやっちゃって後が続くかなぁ・・・・。
by ahoinu_diary | 2008-07-22 02:10 | 2008.7

7/9(水)

実は、退院した翌日の月曜日にまた猫がぐったりしていた。血糖値が下がったとき用のシロップを飲ませると、少し元気を取り戻したようだったが、すぐに動かなくなってしまう。恐ろしいので入院させた。また、点滴かぁ・・・・。かわいそうだな。昨日はカミさんが様子を見に行って、時間がかかりそうだとの報告を受けている。今日は僕もカミさんも時間がなくて面会に行けずじまい。
by ahoinu_diary | 2008-07-11 22:11 | 2008.7

7/8(火)

「マンデラの名もなき看守」という映画を観に行く。マンデラ役のデニス・ヘイスバートは、「24」でアメリカ大統領だった人。現存する大偉人を演じるのは難しいだろうな。以前観たドキュメントで、マンデラのいた刑務所が、立派で綺麗な普通の邸宅だったのに違和感を持ったのだが、最初のロベン島の重装備刑務所から、どんどん環境が良くなっていった経過が判り、納得。世論が許さなかったのですね。マンデラに、長く付き添った看守が居たことは知っていた。主人公はマンデラでなく看守の方だ。彼が、マンデラに惹かれていくのは、よくわかったが、マンデラが彼をどのようにとらえていたかは、よくわからないままだった。
 しかし、黒人は野蛮で劣った人種であるという常識が、68年という時代に、まだ南アフリカでは一般的であったという事実に驚くなぁ。
 この映画はマンデラが出所したところで終わっているが、僕は、大統領になった後、演説の後などで時折見せるマンデラのダンスがおちゃめで好き。
by ahoinu_diary | 2008-07-09 00:05 | 2008.7

7/7(月)

いちごメロンSHOW最終日。観に来ていた加藤智宏も言っていたように、歌謡ショーのコーナーが、生き生きしていて楽しかった。エレ浜が、最近就職した会社の同僚が観に来ていたのだが、どうやらエレ浜は会社で大人気のようだ。人徳だなぁ。関西本社の社長もわざわざ新幹線で観に来たのだそうだ。まぁ、初めてあの男にあったら、しばし虜になりますわな。
by ahoinu_diary | 2008-07-09 00:05 | 2008.7