人気ブログランキング |

カテゴリ:2008.9( 26 )

9/30(火)

ペーター・ブロッツマン(sax.cl)八木美知依(20絃箏、17絃箏)ポール・ニルセンラブ(ds)。ワンステージ目、1時間くらいやって、充実したライブになるかと思いきや、ブロッツマンの肺の調子がよくないらしく、ワンステージで演奏打ち切り。残念だったが、初めて見るポール・ニルセンラブは、さすがのキレを見せた。ATMICでは、さらに際だったプレイが予想され、期待がふくらむ。
 終わってから、客席王の千葉ちゃん達と飲む。昔オープンハウスに来た、ジョン・ゾーンの話やら、ブルースマンの話やら、ピンク映画の話やら、なんやらかんやら・・・・・。
 今日は早く帰ろうと、いったん家に帰ったが、得三最初期のアルバイト、石原軍団子がやってきたというので、店に戻る。いろいろ喋っていると、サックスの川口義之がやってきて、合流。だらだらと、結局4時半まで・・・・。
by ahoinu_diary | 2008-10-02 20:01 | 2008.9

9/29(月)

ボントンルレで、飲む気マンマンの私。久々にゆっくり酒飲みながらのライブ観戦。湊君は相変わらずいいドラムで、ギタートリオで充分音が厚い。
by ahoinu_diary | 2008-10-02 20:01 | 2008.9

9/27(土)

TOKUZO10周年企画第2弾「Acid Mothers 階段」だ。
 「けれん味がない」という言葉があるが、あれは歌舞伎用語から来ているのだと思う。宙乗りや早変わりなど、派手で俗受けしやすい仕掛けのことを外連というところから、大袈裟にはったりかませたり、こけおどしをやったりしない、質実剛健な芸のことを「外連味のない芸」と褒めるようだ。でも、歌舞伎の中では外連って、とても重要な要素の様な気がしますけどねぇ。僕はチラチラと外連味のあるものにも、とても惹かれるのであります。
 さて、今日のライブは、日本一外連味のあるサイケバンドと、日本一せっぱ詰まった緊張感のあるノイズの合体であった。普段は普通なJOJO広重は、ステージで見るとコワいです。あの感じを何十年も持続してるのが凄いなぁ。
 JOJOさんは、アルケミーレコードの主催者で、普通なら原爆オナニーズの連中も観に来るはずなのだが、今日はクアトロで、原爆エディーの50歳の誕生日ライブをやっているのよね。なんか、最近バッティングが多いのです。
by ahoinu_diary | 2008-10-02 20:00 | 2008.9

9/25(木)

オルケスタ・デ・ラ・ルス。パーカッションのGENTAさんが、山崎まさよしの打ち上げで来てくれたとき、店を気に入ってくれて、今回のライブが実現した。結成20年を越える、今や大御所サルサバンドである。一度解散して、再結成したらしく、カルロス管野や、塩谷哲はもういないが、さすがの演奏力。気持ちいいなぁ!!
by ahoinu_diary | 2008-10-02 20:00 | 2008.9

9/23(火)

IDA Japan Tour 2008。非常に繊細な声のアンサンブルを中心にした、フォーキーロック。浮遊感とか、ミニマリズミ等という言葉も浮かぶ。仲間内のアパートで演奏しているような、アマチュア感も漂うな。The PARTYの章吾が来ていて驚いたが、どうやらレボン・ヘルムのスタジオで録音していたりするつながりが気になったようだ。その章吾は、今年ハワイアンにはまったのだそうだ。ふふふ・・・。だから、来年山内雄喜さんをやりますってば!!
 深夜に萬福が「自転車おじさん」を連れてくる。「自転車おじさん」は、今池のローカル有名人。15年ほど前から、僕は広小路にあったローソンでよく見かけた。相当な高齢に見えるが、全身を本格的な自転車ウェアに包み、仮面ライダーの様なヘルメットをかぶって、右手にロードレーサー、左手にはダイエーの袋を持って、毎日歩いている。そのうち、丸福食堂でも見かけるようになった。ウワサによると、本物の競輪選手だったのだという。今池をうろついている人達は、たぶんみんな一度や二度は見かけたことがあると思う。今回の今池まつりポスターキャンペーンに、モデルとして登場して貰って、一躍話題に上ることが多くなったのだが、話をするのは初めてだった。
 おじさんは、戦後競輪がはじまってすぐに10代で競輪を始めたらしい。当時は、学校もへったくれもなく、身分証明書くらいで誰でもなれたのだそうだ。一番稼いだ時は、一ヶ月の収入で、二階建ての家が二軒以上建ったのだという。今で言うスーパーカーみたいなのに乗りまわしたりして、使っちゃったらしい。競輪を辞めてから、名古屋の工場に働きに来たと言っていた。愛用のヘルメットは、イタリア製のオーダーメイド。風の抵抗は無いのだが、強度はもまるで無いのだそうだ。一般道路を走るのには、全然意味がないと思うのだが、そのあたりはおじさんのロマンなのであろうな。歳だし、あちこち体が悪いので愛知医大病院へいっているのだが、自転車で通っているらしい。あんな長久手の山の中まで、自転車で走っていく病人がいるのか!!
by ahoinu_diary | 2008-10-02 20:00 | 2008.9

9/22(月)

一夜明けて、今池には疲労感が漂っている。と見えるのは僕の体調のせいか。あのげんきな「きも善」も、なにかしらトーンが落ち気味に感じるのだが・・・。
 ライブは山本精一(g)早川岳晴(b)藤掛正隆(ds)ゲスト:津山篤(b.etc)臼井康浩(g)。山本、早川は、ひょっとして初顔合わせっすかぁ??
 前にも書いたが、今池まつりの実行委員の連絡メールを、間違って山本さんにも送ってしまっていたのだが、山本さんはそれを、えらく楽しんでくれていたようだ。この日も、あれ、おもろかったなぁと、喜んでくれていたので、「来年どうですか?」と振ってみると、「今池まつり、出たいなぁ」との返事。くっくっくっくっ、してやったり!来年誘ってみよう!!
 そこへ、しのやんがやってきて、しのやん・山本・津山で、関西インディーズ・バカ話大会に花が咲く。
by ahoinu_diary | 2008-09-29 18:13 | 2008.9

9/21(日)

今日は一日雨なのだという。朝起きると、ド〜ンヨリと雲が重い。7時頃だったか、ケンちゃんから電話が入り、プロレスのリングを作るかどうするかというので、どうなるか判らないが、とりあえず作ってもらおうと答える。雨なら西南会場とリングが使えない。東南と北は屋根があるから大丈夫だが、圧倒的に人出は少ないだろうな。慌ててもしょうがないので、店に行き、9時頃に本部へ行く。雨あしがみるみる強くなり、大雨となった。道路に跳ね上がる水しぶきを眺めながら、天気に関してはほぼ諦めた。各担当に本日のギャラを渡した頃になって、徐々に小雨になって、傘無しでも歩ける程度に。このままもてば、なんとかなるな。だが、リングは濡れると滑るらしく、危険なのでやっぱり中止になってしまう。う〜〜ん。チャンピオンベルトまで作ったのに残念無念。なんとか、来年までに今池商店街公認の、イマイケ・レスリング・グランプリ=iWGPベルトの権威づけをして、来年はゴージャスにベルトデビューといきたいものである。地元レスラー、ブラック今池は、高らかにベルト取り宣言をしていたのに残念!!
 12時からの抽選会を終え、1時から各会場で今池まつりが始まる。西南会場も、はやばやと欠席を決めたフラダンスチームを除いて予定道りに行われることとなった。問題は、プロレスリングでやることになっていた、「今池遊覧絵図」のデザインに携わってくれたあいちデザイン造形専門学校の人達の表彰式と、公開結婚式だが、これは唯一空いている、東南の2時半から3時半の間に急遽ねじ込むことに。
 今年の公開結婚式は、まつりのスタッフでもある三嶋芳樹さんご夫妻。なんと、2人の中はベイスターズファン同士が縁で結びついたとのことで、廻りにはベイスターズのユニフォームを着た人達がいっぱい。そういえば、以前僕がやっていた「ニュー今池」という呑み屋で、ベイスターズからドラゴンズに来た中山投手と出くわした三嶋君が、えらい興奮していたのを思い出した。その三嶋君のおとうさんは、かつて今池で、六文銭という名物居酒屋をやっていた方で、20年前に今池まつりを起ち上げた初代実行委員長なのであります。突然やることになった挨拶も、さすがによどみなく立派。中で、僕がどこかで書いたか、言ったかした「今池まつりは日本一の村祭りを目指している」という適当な口から出任せまで引用していただいて、恐縮する一方、20年かけて実行委員長の質がここまで落ちたのかと恥ずかしくなる。
 結婚式の菓子まきの前に、西南会場へ駆けつけノリパンの練り歩き。ノリパンは、練り歩きの途中、りそな前広場でたっぷり40分ほど見せてくれた。ちょうどノリパンが終わる頃、5時頃になって雨あしが強くなり、本日二度目の豪雨に見舞われる。西南会場は、ステージの上にテントを立てて続行しているが、次の第8旅団はツインドラムだ。雨は小雨になったと思うとまた降り出したり余談を許さないが、ここまできたら出来る限り続行するのみである。第8旅団は、ステージの前にも、もう一張りテントを張って、その中で演奏していた。全会場の音響、照明をやってくれている若尾総合舞台の児玉さんが楽しそうに笑っている。7時半頃になって、雨が通り過ぎると、また人が出だしてくる。どこで雨をやり過ごしていたのだろう。帰らず残ってくれているのが本当にうれしい。活気を取り戻す屋台。不屈の今池魂なのじゃ。
 こうなれば僕の仕事は、残り東南会場のハッチハッチェルバンドとジンタらムータだ。結婚式を挟んだせいで、東南は一時間ほど時間が押している。ハッチが、もくろみ通り会場にクダラナの神を降臨させ、老いも若きも腹がよじれるほど笑わせている。これはもう問題なしだなと、一番早く終わる北会場へ。すでに終わりかけていて順調。西南も、最後の「まりも」がやっていて、問題無さそうだ。東南に戻り、大熊ワタル、こぐれみわぞうに、名古屋勢、臼井康浩・小野良子・照喜名俊典・黒田奏が加わったセットで、今年のすべての出し物が終了。
 各会場の後片付けをして店に戻ると、北の萬福鮨や、若尾の児玉さんが飲んでいる。ワイワイと飲んで、長かった二日間が終わる。棒の様になった足に、アルコールがじわじわと染み込んでいくのが判る。
by ahoinu_diary | 2008-09-29 18:13 | 2008.9

9/20(土)

夕べ、帰ったはいいが、やっぱり寝付けず、映画を見る。4時頃寝て、8時起き、外は快晴でザマーミロである。10時からのパレードで、得三スタッフが作った「今池音頭のぼり」を使うので、本部へ持って行く。一通り会場を歩き、店でメール等のチェック。パレードの出発を見送り、nobody knows+のサウンドチェック。りそな銀行前の広場を二日間使うので、ガードマンの控え室に挨拶に行く。出演料の確認をして、1時になると一斉に各会場が動き出す。ふんふん、順調、順調。あちこちで、おにぎりやら、串カツやらをもらい、お地蔵さんみたいだなぁ。ずっとこうなら、一生食費はいらないなぁ。
 2時からのnobody knows+に着いて、終わりがけにホット・ハニーバニー・ストンパーズの練り歩きに回る。先導の旗持ちは、加納のエーちゃん。坊主頭で声がでかく、無類の祭好きである彼は、旗持ちにぴったりです。人をかき分けなくても、相手が避けいくのでラクチン、ラクチン。3時前に、パラパラと雨が降ったけど、ほとんど影響なし。一昨日の最終会議で、散々雨の心配をしたのが、嘘のよう。トラブルらしいトラブルが起こらないので、やらなきゃいけないことはあまり無いのだが、会場が広いので、見て回るのにかなり歩き回らなきゃならんのです。そういえば去年、万歩計をつければよかったと思ったのを思い出した。そして、慣れない太陽光線。太陽は地球に恵みを与えるかもしれんが、僕の恵みを吸い取っていくのでありました。
 この日のヤマは、僕にとっては「今池音頭踊り隊」。東南会場にワラワラと集まってくる浴衣姿のご婦人方。どうなることやら不安顔だが、こっちだってどんな状況になるやら判ってやってる訳ではない。ただ、それが楽しいのですね。先導は、もちろんエーちゃん。今年の「ど祭り」で賞を取った歓喜団のメンバーが、前と後ろに付いて、あいだに内山、千種、春岡の婦人部の皆様方。音は、前にバッテリー式の改造ギターアンプ、それをワイヤレスマイクで拾って最後尾のアンプに飛ばすというシステムを編み出した。何メートルで、どのくらいのタイムラグがあるかは、判らない。そして出発!東南会場から環状線へ人混みをかき分けながら、盆踊りだかスクールメイツだか訳のわからん振り付けの今池音頭は進む!笑い転げる人、手を叩いて喜ぶ人、呆気にとられる人。僕はアンプの乗った台車を押しながらご満悦。環状線を右折、りそな銀行前の広場で、今池交差点の車に向かってひと踊り。何も知らずに、通りがかった車の中に僕はいたかったなぁ。大受けだったに違いない。受けりゃぁ、いいのだ!それがすべてといっても過言ではあるまい。
 北会場のスケジュールの進み具合を探りながら、間に滑り込めるよう松谷カメラ前から、二度目のスタート、北会場へ乱入する。そこで踊って南へ信号を渡り、もっとも道幅の狭い道へはいるのだが、ここで、今まで二列で踊っていたのが一列で踊らざるおえなくなった。計算外である。前と後ろの距離が倍になるわけで、ワイヤレスは果たして届くのか、と思ったが問題なし。後で聞いた話だが、踊り隊が、ガスビル前を通ったとき、7階のガスホールで使っていたワイヤレスに今池音頭が乗ってしまい、落語の最中に今池音頭が鳴り響いたそうである。おかしいっちゃ、おかしいが、来年は考えないとな。
 最後は西南会場で二回りくらい踊って無事終了!みんな楽しそうで、まぁ大成功ですな。この日、用事があって見に来れなかった、振り付けの西川千雅さんに、是非見せたかったなぁ!
 お疲れ様を言ってガスホールのやそすけ客入れへ急ぐ。受付に銀子さんと稲垣さんに来て貰って、11月のやる「池成子公演」の宣伝もしてもらっている。楽屋のやそさんはご機嫌。お客さんも、150人は越えていたと思われる。なんだか、今年はここ数年で一番人出が多いような気がするな。やそさんのスタートを確認して一番遅くまでやっている東南会場へ。K.D.ハポンの太郎君にまかせたこの日の現場も順調で、ほぼ時間通りに終了。
 TOKUZOへ帰ってくると、すでにみんなはジャンジャカ呑んでいて、店はいっぱい。事務所で、今日の領収書の整理と、明日の用意をして下で一杯。ぐったり疲れて、早めに帰ろうとしたのだが、アヤミちゃんがやってきて喋っているうちに、がぶがぶ飲んでしまい。結局4時半なのでした。
by ahoinu_diary | 2008-09-29 18:12 | 2008.9

9/19(金)

遂に明日は今池まつり。深夜に台風は名古屋を抜けたようなので大丈夫である。逆に暑いみたい。一安心だが、朝が早いので帰ります。
by ahoinu_diary | 2008-09-29 18:12 | 2008.9

9/18(木)

epic45/miaou/asana。イギリス・関東・名古屋と、所は違えど同じような空気感を感じさせる3バンド。エレクトニック・アンビエントみたいな感じかな。と、思っていたら、待望の「今池遊覧絵図」が出来上がったという。とりあえず3万部持ってきて貰って、臼井と2人で、東南・西南・北の、各商店街へ持って行く。配り終わって、萬福鮨でしげしげと眺めると、いやぁ、うれしいもんですねぇ。イラストも楽しい。「おっ!松谷会長が、交差点で高らかに大笑いしてるじゃないか」「今池公園で、きも善のけんじが犬の散歩をしてるぞ。なんと靴までちゃんと観察してあるなぁ」などなど・・・。今池祭から配りはじめます!是非手にしてください!!
 京都の石橋さんからキャラバンのCDが届いた。月末には、販売用のが届くはずなので、TOKUZOで買えます。よろしくね!!
 今池祭が、ついに明後日に迫ってきた。最後の実行委員会議にみんなが集まった。催し物を、ひとつひとつチェックして、確認する。なにかが、抜けているような気がして、全然落ちつかないなぁ。問題は台風だが、土曜日の午後には大丈夫そう。一番の問題は午前中にある、バザールの設置か。さっさと通り過ぎて、朝には晴れてるとバッチリなのだが・・・。
by ahoinu_diary | 2008-09-19 16:39 | 2008.9