カテゴリ:2010.8( 22 )

8/31(火)

雷門獅篭トークライヴ「大須芸人スーパースター列伝」ゲスト/柳家三亀司(江戸曲独楽)。大須でシーラカンスのように寄席興業を続ける大須演芸場。そこで高座を勤める落語家・獅篭が、見聞きした芸人達を、貴重なビデオを流しながら紹介するというもの。
 実は入り口でモギリもやっていた、すぐにネタをばらしちゃう手品師の多嶋ゆきお先生の、飄々とした軽やかさに、自分の小ささを思い知らされ、頑固一徹・唯一無比の紙切り芸人・大東両閣下の手許アップには、壮大な男のロマンを感じて涙してしまう。芸人とは・・・いや、職人も、商売人も、みんなこんな風であるべきなのだよなぁ。是非、是非、続編をっ!!
by ahoinu_diary | 2010-09-04 19:38 | 2010.8

8/30(月)

町田謙介[加藤エレナ(key)すぎの暢(steel.g)加藤雅史(b)渡邊久範(ds)]。去年やって、凄く楽しかったセットを今年もやるべく企画。エレナは東京からの参戦となった。コーラスに、僕と智香ちゃんも参加。ドラムのナベちゃんは、ベテラン人に囲まれて試練のステージ。前回いなかったのは彼だけだしね。
 町田はさすがに声が強いなぁ。知り合って25年以上経つが、ちっとも衰えた感じがない。彼の後ろなら、遠慮せずに声を張ってコーラスできるので気持ちいいのです。
by ahoinu_diary | 2010-09-04 19:37 | 2010.8

8/29 (金)

)明日の町田謙介セッションに、スタッフの智香ちゃんと僕はコーラスで参加する。その練習をしに、深夜、近くのカラオケボックスへ行く。なんと、ウーロンハイは3時まで無料で飲み放題だという。タダだと聞くとどんどん飲む。便所へ行って、またゴクゴク飲む。一曲だけカラオケに入っている曲があって、それはカラオケで練習したのだが、僕と智香ちゃんは、カラオケのボリュームをフルにして、ノーマイクの生声で充分なのでした。普通の人達って、ちっちゃい声で歌ってるんじゃね。思いっくそでかい声で歌った方が気持ちいいのにな。
 一通り練習したところで、すっかり酔っぱらってきて、二人で演歌を歌いまくる。智香ちゃんは、演歌がとても上手です。帰ってきたのは4時過ぎでした。結構疲れたのじゃ。
by ahoinu_diary | 2010-09-04 19:37 | 2010.8

8/26(木)

「モロ師岡・ひとり寄席だ!」スペシャルゲスト:いとうたかお。久しぶりに、元シネマスコーレにいた李さんがやってくる。円頓寺商店街の会長も一緒だったのでなんだろうなと思ったら、今度円頓寺で撮る映画の監督も一緒であった。円頓寺が商店街をあげて映画を作るという話は、聞いていた。李さんに「あなたはどういう立場でかかわるのか」と尋ねると、「プロデューサーだがね」と言う。か・・・金集めからやんなきゃいけないのか!!そりゃ、大変ではないかっ!「森田さんチケット100枚くらい買ってね」と言われ、18万円かぁ・・・と冷や汗が出る、オノレの器量の狭さに情けなくなる。
by ahoinu_diary | 2010-09-04 19:37 | 2010.8

8/25(水)

ソウルフラワー・モノノケサミット/知花竜海/上間綾乃。ステージが死ぬほど暑いと言われちゃった。確かにあのクーラーは限界かもしれない。店を始めたとき、全然金が無くて、クーラーは貰った中古を2台、新品を2台つけたのだったが、ステージのは中古だった方。今年いっぱい働いて貰って、変えなきゃな。出演者の方、すみませんです。
 終わってから飲んでいて聞いた、英子ちゃんのおばあさんの話が凄かったな。海女さんだったのだそうだ。昔の海女さんは壮絶だ。「グランブルー」も「ザ・コーヴ」も真っ青の話。
by ahoinu_diary | 2010-09-04 19:36 | 2010.8

8/23(月)24(火)

昼に集まり、大掃除をやってから、今年も従業員と、食いきれないほど大量の食材を車に積んで、旭高原元気村キャンプ場へ。死に気で団扇を振り回すが、炭に火がつかない。備長炭なのでつきにくいというのもあるが、たぶん名古屋の湿気で更につきにくくなっているような気がする。竈の方はすんなり火が付いたので、そのなかに炭を放り込みタネ火にして、やっとついた。一旦火が付くと、備長炭は素晴らしい。網と鉄板、二カ所の火を交互に使って、食べまくり、飲みまくる。よるの12時に管理人のおじさんに怒られて、ようやく室内の囲炉裏に入り、更に食べ続ける。夜中に小腹が空いたとき、食パンに色んな物を挟んで食ったらよかろうとのことで、買っていったのだが、それを囲炉裏の上でトーストにすると、めちゃめちゃうまいではないか。15秒くらいできつね色に焦げ目が付き、表面はパリッと香ばしく、中はしっとりみずみずしいのだ。焼きすぎて焦げてしまっても、焦げ目が苦くない。素晴らしいな。炭焼きトーストを売り物にしている喫茶店なんて無いよなぁ・・。今池まつりで炭火焼きバタートーストやったら売れないかな。みんな、キャンプには食パン持って行った方がいいですぜ。
 深夜に、遅れて参加の臼井の車が到着する。車の気配を感じて、全員タヌキ寝入りを決め込む。「さぁ、飲むぞ」と勇んでやって来た臼井の落胆を見たいばっかりだ。キャンプ場の一軒家のは、冷蔵庫がない。臼井は、みんなにさぞかし喜ばれるだろうと、気を利かせてアイスクリームを大量に買ってきたのだったが、中へ入ってくると全員寝付いてしまっている。アイスクリームの袋を手に、呆然と立ちつくす臼井君。いやぁ、期待を裏切らない登場でした。
 翌日は帰ってきて店を営業状態へ戻し、一息。
 スタンディングライブの時に、ホットショーケースを出して、サービスエリアのように、巨大魚肉ソーセージフライや、串・焼き厚揚げといった物を売る作戦に出ているのだが、この日は、その販促用呼び込みテープを録音することになっているのだ。臼井が録音機材をセッティングしている間に、林が中心となって、呼び込み原稿を作る。そしてみんなでリハーサル。笑いをこらえるのに必死のレコーディング。そして臼井の編集がまで完成して、聞きながら爆笑。ホットプレートを出してきて、またしてもみんなで飲む。
by ahoinu_diary | 2010-09-04 19:36 | 2010.8

8/21(土)

先日、灰野敬二(g)山本精一(g)一楽儀光(ds)をやった時、音楽評論家の小川真一さんがやってきて、二人でチマチマと調べている黒人映画の話になった。「そろそろなんかやらないといけないね」という話なのだが、戦前から現代まで脈々とある話なので、どこかに的を絞ってやらないと、まとまらないだろう。小川氏は「俺、戦前やる」と言う。戦前にブラックムーヴィーが有ったという事実さえあまり知られてない話で、資料もあまりない中で、面白い話になるはずだ。僕は、なにをやろうかな。戦後、映画一本を製作するのにかかる費用が莫大になり、とてもじゃないが黒人の手に負えなくなって、黒人監督というのがいなくなってしまってから、60年代最後遂にハリウッドで黒人監督が現れるまでの、黒人役者の話なんてどうかしら。なんて話ながら、2月にとりあえず日にちを決めてしまった。日にち決めたら逃げられません。家の段ボールを片っ端からひっくり返してビデオを探し、正月に見直さなきゃいけませんな。たいへんだぁ・・・。
by ahoinu_diary | 2010-09-04 19:35 | 2010.8

8/20(金)

7連勝中のドラゴンズを見にドームへ行くが、館山が全然打てず完敗。あんなだだっ広い所に、9人しか人がいないのだから、適当に打てばヒットになりそうなのに、なんで打てんのかいな、なんてイライラ・・・・・・。
by ahoinu_diary | 2010-08-29 23:29 | 2010.8

8/19(木)

長見順[早川岳晴(b)岡地曙裕(ds)]/Red Dirt Boogie Sisters。終わってから話していたのだが、岡地はWATTSTAXを封切りで見たという。高校1年生だったというから封切り公開だ。一宮から名古屋まで観に来て、先着何名様かに貰える「ワッツタックス手帳」という物ももらったらしい。そうか、名古屋でも封切り上映していたのだな。岡地の記憶によると、一週間で上映が終わったというから、お客さんは入らなかったのだろう。どこの映画館かは憶えがないようだった。ふむふむ。
by ahoinu_diary | 2010-08-29 23:29 | 2010.8

8/18(水)

巨人に2連勝して6連勝、遂に中日がきました!!ここからが勝負だ!負け数が多いのが気になります・・・。
by ahoinu_diary | 2010-08-29 23:28 | 2010.8