カテゴリ:2010.9( 25 )

9/30(木)

久々にオーティスヘ飲みに行ったら、店が休みの「つるのり」一派がやってきた。竹下喜六なんかもいて、調子扱いて呑んじゃった。
[PR]
by ahoinu_diary | 2010-10-20 22:19 | 2010.9

9/28(火)

夕べは朝6時半まで飲んでしまった。残ったスタッフは、それからカラオケへ行ったのだそうである。若いなぁ・・。いつからか、そんな体力は無いのである。
 夜になってもしんどいままなので、今日は酒を抜いて帰ろうとしたら、しんどそうな僕の顔を見たいとうたかおが、「大丈夫か森田。お前だけが頼りなんだからな。」と、肩を抱いてヒャラヒャラと笑っていた。う・・・うるせぇっ!!!
[PR]
by ahoinu_diary | 2010-10-20 22:18 | 2010.9

9/25(土)

ジェフ・マルダー&エイモス・ギャレット、今回でこの二人のツアーは最後になるだろうとのこと。お客さんも、最後に観ておかなきゃいけませんとばかり、気合いを入れて集まってきた。
 二人が並ぶと、観る方にたんなる共演という以上の感慨が沸くのは、流れた月日のなせるわざか。エイモスのギターは、単に音楽という以上の、人物の味わいを醸し出す。MCの中でエイモスが言っていたのだが、「旅立てジャック」ってパーシー・メイフィールドが作った曲なんですね。知らなんだ。
 40年前に二人が過ごした密度の濃い時間と、今の二人は、きっと違う所に立っているのだろうが、その一秒一秒がゆったり流れるような演奏は、至極の時だった。そういえば、前にも、こんな経験をしたことがあるぞ・・・・。そうだ!いつぞや磔磔で観た、ダン・ペンとスプーナー・オールダムだった。
[PR]
by ahoinu_diary | 2010-10-03 22:27 | 2010.9

9/24(金)

近藤房之助の新しいバンド、[梅津和時(sax)小山英樹(key)河内博(g)原たけし(b)滑川栄(ds)]。リハーサルに入るとき、梅津さんが「ただいまぁ」と言ってやって来る。梅津まつりが終わって、10日しかたっていない。別れるときは、ライオンズファンの梅津さんと、「日本シリーズで会おう」と言っていたのだが、10日間の間にライオンズは5連敗してしまって、「もう、駄目だぁ」と意気消沈。CSが有りますぜ!!
 新生房之助バンドは、初めての体験で、原、滑川のリズム隊も、初対面。滑川さんは、人生で初めて名古屋にやってきたのだそうだ。これからどんどんツアーをやると、どんどん音がぶ厚くなってきて、梅津さんがもっと縦横無尽になってくるんだろうな。楽しみです。
 終わってから、房之助先輩はいつもより元気で、5時近くまで飲んでいた。生ウコンが効いたかな??
[PR]
by ahoinu_diary | 2010-10-03 22:27 | 2010.9

9/22(水)

タイガースとの直接対決に連勝。緊張感のある投手戦だったが、最後に堂上剛の一塁ゴロで一点搾り取った。明日勝てば決まっちゃうな。
[PR]
by ahoinu_diary | 2010-10-03 22:27 | 2010.9

9/21(火)

例によって、体も頭もダルダルでシカバネ君だ。にもかかわらず、早川義夫 & 佐久間正英なのである。よりによって・・・・。でも、早川さんは明るいからいいんだよね。アカルクテナマナマシイスケベ。
 早川さんが出した「日常で歌うことが何よりステキ」という本をいただく。早川さんが川崎でやっていた、「早川書店」のカバー付きだ。カバーには藤原マキさんの絵。2004年から今年までの日記を集めた本で、パラパラとめくっていたら、僕の名前も出てきたぞ。うれしいな。早川さんお気に入りの、得三調律師、ミカタさんは写真まで載っている。くっくっくっく・・・。
[PR]
by ahoinu_diary | 2010-10-03 22:27 | 2010.9

9/20(月)

今池まつり2日目。いきいきセールの抽選会からの出動。当選番号をすぐにネット上で公開する。ガスホールのビッグバンドまつりの様子をうかがったり、今池公園へ行ってみたり、本部のアナウンス嬢にちょっかいだしたり気楽に過ごす。りそな前もにぎわっているようだ。そこで観たエレガント浜田にやられる。やっぱり奴は凄かった。若尾総合舞台の児玉さんと、腹を抱えて笑っちゃったぜ。あいつ、めっちゃくちゃだなぁ・・・。凄いなぁ・・・。途方もないぞ。
 ゲル君達がこの日のために起ち上げた「スモッグストンパーズ今池連合」について、今池を一週。巨大人力ロボットが、人混みの中をノシノシ歩いてゆく様が面白い。昨日神輿を終えた、加納の英ちゃんが、今日はロボットと今池音頭についてくれる。その今池音頭を終え、プロレスのラジオ取材をマグナムチャンプと受ける。リング上で、ラジオアナウンサーの女の子に、セクハラ固めをかけるマグナム。
 実は、3日ほど前に、いぜんHOOKSというブルースバンドを一緒にやっていた平田から電話が入り、知り合いが不要になったドラムセットをいらないかという。得三には3台ドラムセットがあるのだが、今年はガスビルの会場で余分に一台必要になるため、困っていたところだった。すぐさま臼井に相談したら、即座に取りに行ってくれて、今日は西南会場で活躍していた。ラッキーっ!このドラムは、西南会場すぐ裏のバレンタインドライブというお店に寄贈して、今池まつりの時だけ貸し出して貰うようにしようかな。うまくいったぜ。
 最後は東南のステージでリクオ。いい感じでまとめてくれて、全行程が終了した。が、店と違ってここからの後片付けが大変。バザールを10時までに終了して遊歩道の解除。いち早く終わった北商店街の打ち上げに顔を出して、一番時間のかかる東南ステージの解体と、町中の掃除。それでも今年は早く終わった感じがしたな。12時頃には西南の打ち上げに混じって飲む。2時くらいにリクオから電話が入って、「もうアカン」というので、得三へ戻る。ところが、リクオが「もうアカン」と行ったのはウソで、それからもかなり飲む。帰ったの何時かな?
 ドロの様に寝た。・・・と思う。多分・・・。
[PR]
by ahoinu_diary | 2010-10-03 22:26 | 2010.9

9/19(日)

今池まつり初日。朝8時に出勤、会場を一回りして店へ行き、メール等の整理。今日の仕事を確認して用意を整え、臼井と打ち合わせ。一休みしているとオープニングパレードの始まりだ。今年は、北までパレードを伸ばしたのだが、子供達にはちょっときつかったようだ。ガスビルが商工会議所の主催になっていて、そちらにも一度顔を出す。午後になって一斉に今池が活気づきだした。始まるまではイライラするが、始まっちゃったら腹が決まって、平気なんだわね。一回目の神輿について回ってから、東南会場で自分の出番を待つ。青山君もやって来て、「やぁやぁ」と曲順等の打ち合わせ。
 昼間は暑いくらいの陽気だったが、夕方を迎える頃には、風が涼しく、湿気もなくて、野外ステージは気持ちがいい。ビルの間から顔を出す空に向かって、出せる限りのでかい声を出す。「青山に負けるもんか!」と、すぐに対抗心を煽られる所がプロレスチックだな。詰めかけたお客さん達は、あきらかに去年より数が多い。商店街の真ん中の狭い駐車場に700人は絶対いるな。その後、nobodynows+、原爆オナニーズと続いて、一日目は終了。会場の片付けを終えて、7時から普通営業をしている得三へ。青山君もいて、みんなで飲む。
[PR]
by ahoinu_diary | 2010-10-03 22:26 | 2010.9

9/18(土)

いよいよ明日から「今池まつり」。天気は問題ないようなので、まだ気が楽だ。初日の明日に、バレーボールズ+青山春裕 (The FavaRaves)が有るのだが、まつりじゃリハーサルが出来ないので、今日前もってスタジオで確認。明日は早いので、さっさと帰る。
[PR]
by ahoinu_diary | 2010-09-30 18:19 | 2010.9

9/17(金)

相も変わらず、せわしくバタバタとする。裏方やりながら自分でも出演しなきゃいけないというのは、結構しんどいのです。
[PR]
by ahoinu_diary | 2010-09-30 18:19 | 2010.9