カテゴリ:2011.09( 19 )

9/30(金)

早川義夫[佐久間正英(g)]。早川さんは、新しいエッセイ集を出した。「いやらしさは美しさ」という、さもありなん  タイトル。早川さんの文章は、絶対ウソを書かないぞという固い信念と、じゃぁウソじゃない事ってなんだろうという、弱々しい迷いが行き来していてとても共感する。
 ライブが終わってレジにいたら、初めて見る女性のお客さんに「ライブハウスなのに、みんな美味しいですね。」と言われた。食べ物のことだ。今までに彼女が行った他のライブハウスの料理はあまり美味しくなかったのだろう。何軒かで食べてみて、やっぱり美味しくなくて、「ライブハウスでは、美味しい物は出てこないものなのだ」と思っていたから、褒めてくれたのだろうと思う。素直に嬉しくて、僕はキッチンのヤツにすぐ報告した。
 普通のお客さんは気づかないことだと思うが、食べ物を提供する事に関して、ライブハウスは、他の飲食店に比べるとある制限が課せられる。開場から開演の一時間で、一気に100人の注文が殺到するのだ。ファミレスのランチ並の数なのだが、それでもなんとかインスタントな感じがするモノを避けようとしてしまう。それを迅速にだそうと、有る程度まで仕込んで保存したりするのだが、キッチンの中は戦争状態となる。でも、やっぱり出てくるのが遅いとしかられることもままあるのです。そうすると、ホールの人間が平謝りです。そんな中で、みんな一手間かかった美味しい物を安価に出せないかと、なかなか一生懸命頭をひねっているのですよ。それを、今日みたいに「美味しかった」と言って貰えると本当に嬉しいんだよねぇ。舞い上がっちゃいます。
 ライブが終わって、一応の事務仕事を終えフロアに降りていくと、ミラーボールズの二人が来て、早川さん達と喋っている。二人は最近入籍したのだそうである。おめでたい。めでたい話はいいもんだ。
 そうこうしているうち、しのやん達がアップセットからやってきてくれた。今池祭り以降全然酒が抜けず、今日こそ抜こうと思ったが飲んでしまう。
[PR]
by ahoinu_diary | 2011-10-10 16:06 | 2011.09

9/29(木)

ドラゴンズは、相変わらず粘り強い試合をしていて、こりゃ優勝いけますな、と思うのだが、ヤクルトも負けんなぁ・・・。こりゃ、直接対決で勝しかないです。
[PR]
by ahoinu_diary | 2011-10-10 16:06 | 2011.09

9/28(水)

下八[下田卓・ハッチハッチェル]。リハーサルに現れたハッチが、今日はフロアで演奏したいという。客席の真ん中にステージを作ってまわりを取り囲むように客席。ステージ上に作った特別客席が、VIPな感じで贅沢です。
[PR]
by ahoinu_diary | 2011-10-10 16:06 | 2011.09

9/26(月)

ワッセ、ワッセと、今池まつりの精算表を作っていたら、すでに来年の日程を出すようガスホールから要請があった。くぅ〜・・・。年がら年中今池まつりかよ。
[PR]
by ahoinu_diary | 2011-10-10 16:05 | 2011.09

9/25(日)

以前からファンだったイラストレイター伊藤ちづるちゃんに、黒人描いたTシャツ作ってよ、と頼んであった。それが今日出来上がってきて見せてもらう。全部で4枚、すべて手書きの一点物です。あれもいいしこれもいいなと、目移りしちゃって、結局3枚も買ってしまった。ちづるちゃんいわく、「ミンガリング・マイクという人がいいのよねぇ」とのこと。ミンガリング・マイクとは一体なんなのだ。早速調べてみると、彼はアメリカ黒人。架空のソウルシンガーで、架空のレコードを、架空のレーベルから、何十枚も出しているのだという。なんのこっちゃわからんでしょうが、ようするに段ボールでもって、ジャケットから中身のレコード、中袋までを全部手書きで作り、架空のプロフィールや、架空の解説、架空の歌詞カード、ジェームズブラウンによる架空の推薦文までつけ、最後にビニールまで被せて「発売じゃぁ!!」と一人で言っていた夢想狂なのですね。それを骨董屋で段ボールいっぱい見つけて面白がったヤツがいて、画集が出たんだそうです。ガハハハ・・・。でもまあ、高校の時とかって、それに似たようなことやったよね。カセットテープにジャケット作って、勝手にレコード番号付けちゃったりとかしたような気がする。それに極端に邁進してしまった人がいたわけだ。夢想から卒業しなかった人。フラミンゴテリーとかが、絶賛してるんだって。
[PR]
by ahoinu_diary | 2011-10-10 16:05 | 2011.09

9/24(土)

3連勝!!谷繁ぇ〜!!「みんないい仕事してる。言うことなし」とは、落合監督のコメント。こんなコメント聞いたこと有ったかなぁ・・・。確かにやっとチームが機能して連動してきている感じがする。明日勝てばシーズン優勝はいただきですな。
 と喜んでいたら、ベーシスト是安則克さんの訃報が入る。東京在住ジャズミュージシャンだが、オープンハウスの時から深夜に飲みに来てくれていた。その時はデロデロのアル中手前状態だったが、ここ数年藤井郷子産のカルテットで来てくれたときは、すっかり克服していた。原因不明の急死らしいが、詳しいことはわからない。はぁ・・・・。
[PR]
by ahoinu_diary | 2011-10-10 16:05 | 2011.09

9/23(金)

ドラゴンズ×スワローズ首位決戦2連勝!!この4連戦は、3勝1敗2ゲーム差で終わればいいのかなと思っていたが、こうなったら全部勝っちゃえっ!!
 ライブは栗コーダーカルテット[栗原正己・川口義之・近藤研二・関島岳郎]。栗原さんは、酒を飲まないのだが、打ち上げが好きなのであった。最近復帰したある人の、極めて面白い情報を教えてもらった。カミさんに教えてやろうっ!!
[PR]
by ahoinu_diary | 2011-10-10 16:05 | 2011.09

9/22(木)

昼に、風呂から出てきたら、テレビのテロップで落合監督解任のニュース。ゲッと思って、ピカイチのター君に電話する。解任は有るかもしれないと思っていたが、シーズン中だぞ。優勝争いの真っ最中、今日からヤクルトトとの首位決戦じゃないか。店へ行ってネットで色々検索したが、新事実は得られず、かわるに今日の試合を無料でU-Stream配信するらしいことを知った。来年以降に有料で配信することをにらんで、実験的にやっているみたいだ。野球がお茶の間から消えていくのは、さみしい限りだなぁ。パソコンって、寝っ転がってビール飲みながら観る感じになんないよねぇ・・・。
 ライブはパスカルズ[ロケット・マツ、あかね、金井太郎、知久寿焼、原さとし、松井亜由美、クリスチィヌ、うつお、大竹サラ、三木黄太、坂本弘道、永畑風人、石川浩司、横澤龍太郎]という超大所帯。よって極めてツアーは珍しく、名古屋へは万博で来たことがあるのみ。お客さんはソールドアウトの超満員である。もちろんステージ上も超満員で、客席にヘソのようにはみ出している。あ・・普通ヘソというものははみ出してないが、ストリップ劇場のヘソは出っ張ってるのです。
 ロケットマツを核とした、それぞれの人が出す「オト」のアンサンブルはもちろんなのだが、それにもうひとつ、人間のキャラクターのアンサンブルが加わって成り立っている感じの音楽。インストが多くて、具体的な風景が広がる感じだった。いつも一緒に行動しているサウンドエンジニア小俣佳久さんの功績も大きいのだろうなぁ。
[PR]
by ahoinu_diary | 2011-10-10 16:04 | 2011.09

9/20(火)

ケツが痛い。疲れると出るんだよね。ちょろちょろと祭りの後始末。
[PR]
by ahoinu_diary | 2011-10-10 16:04 | 2011.09

9/19(月)

今池まつり2日目。どうやら夕方に雨が降り出すような予報。なんのなんの、絶対大丈夫に決まってるさ!と徘徊する。出店者でもある市会議員のさいとうまことさんはゲバラのTシャツ、僕は毛沢東のカバンを斜めがけ。カラオケ司会の山田チャンスは、ことしも絶好調でぶっ飛ばしている。「3等商品は高級時計、バカがはめてもリコー時計ぇ〜っ!」。しなを作って歌い上げるおばちゃんには、「サビの所でギュゥ〜ッと寄った眉間のシワに、思わずガマン汁!!ガマン汁賞で、ラーメン一個ぉ〜っ!」だって。その3m隣では子供達が、フワフワ人形で大はしゃぎなのです。いい光景だぁ。
 午後からは、バレーボールズがあるので、東南ステージの周辺で過ごす。なにやら怪しげな雲行きで、ポツポツと雨が当たり出す。みんなが集中豪雨の心配をし出す。僕は「大丈夫、大丈夫」と口では言っていたが、せこく楽器をテントに避難させた。なんとか小振りでもってくれないかと思っていたのだが、バレーボールズセッティングの時になって、ザァッと降り出した。お客さんがいなきゃ中止にもするけれど、6〜70人はステージも前で濡れている。慌ててテントをステージの上に上げるのだが、エレナのキーボードを濡らすわけにはいかず、テントは下手いっぱいに置かれる。僕は一番上手で、テントの端っこから半分体が出る状態。はははは。演奏を始める頃には、なかなかお目に掛かれないほどの集中豪雨がやってきて、ステージの上も、客席も川のように雨水が流れる始末。それでも、ドンと音が出ると、どこからも人が集まってきて、すぐに会場の駐車場は満員状態になった。みんな根性有るなぁ・・・。びしょ濡れなんだぜ。バレーボールズが終わると、ウソのように雨が上がって、原爆オナニーズは踊りまくらせる。最後のnobodyknows+で、また雨は降ってきたのだが、今更誰も濡れるなんておそれていないのでありました。これはこれで、有りだよね。楽しかったなぁ。あとで聞いた話だと、豪雨になった時点で、警察が東南・西南・北の責任者を集めて中止にするかという打診があったらしいが、実行委員長はすでにステージの上。最後までやっちゃいますということで落ち着いたらしい。
 後片付けに入る頃には雨も小降りになったが、やはりいつもより時間はかかり、最後は12時近くになっちゃった。すっかり疲れてずぶ濡れで得三へ戻ると、カバとエレナがいて飲む。
 終わったぁ・・・。
[PR]
by ahoinu_diary | 2011-10-10 16:04 | 2011.09