カテゴリ:2012.10( 21 )

10/31(水)

板橋文夫(piano)FIT!! [瀬尾高志(bass)竹村一哲(drums)]を観にラブリーへ。竹村さんは瀬尾さんと同じ札幌在住の若手ドラマーで、僕は初めて見る。斬新さを感じる物怖じしないアプローチが魅力。最近はナベサダさんのバンドもやってるらしい。平成元年生まれだってさ。素晴らしい。
by ahoinu_diary | 2012-11-17 22:04 | 2012.10

10/26(金)

小川美潮 フ・タウタフ[小川美潮(vo)葛岡みち(vo)渡部沙智子(vo)吉森信(p)大川俊司(b)小林武文(dr)]。美潮が、「昨日、林さんだったんだね」というので、あれは一体なんなのだと答える。美潮も、少し前2曲だけ一緒にやったらしいのだが、ちょっと凄いよね、と言っていた。どうやら、今は小さい音でしかやりたくないのだそうだ。ドカンとドラムセット叩いてるの観たいよぉ〜〜!!
 楽しみにしていた小川美潮 フ・タウタフ。3人の女性ヴォーカルによるハーモニーを中心に音楽がなされるのであるが、そこは美潮のやることで、ただのコーラスグループとは一線を画す。僕の中では、このユニットはかなりのヒットなのです。5月に春一番コンサートで録ったCDRが出来たので、プロモーションで使えますな。5月か4月にまた来るので、次回は是非みんなに観て欲しい。
by ahoinu_diary | 2012-11-17 22:04 | 2012.10

10/25(木)

Colors[林立夫(per)四角佳子(vo.g)岩澤二弓(vo.g)常富喜雄(vo.g)新川博(key)] 。実は、初めて林立夫を生で観た。普通のドラムセットではなく、大きめのカホンを中心にした、オリジナルのドラムセットのようなモノ。キックはカホンを踏む。音は全体的に極めて小さく、初めのうちはちょっとモノ足らないのだが、2曲、3曲と進むうちに、エライものを観ている気になってきた。あの音量で、何故あんなにリズムが立ってくるのだろう!そして、楽曲の輪郭が見事に見える。どういうことなのだ。
 野球は、まずピッチャーがなんとかなってないと試合もへったくれもない。ドラムはバンドのピッチャーみたいなものだ。まず、ストレートを主体にした本格派のピッチングをするのだが、音量をスピードに置き換えるならばそのストレートは132キロくらい。それが142キロくらいに感じられるキレを持っている。球種は4〜5種類だが、その緩急と球の出し入れで、一試合に3〜4球しか打てそうな球がない。といった印象だ。中6日で、毎週日曜日に登板して、23勝2敗くらいの感じ。どうなってるんだろう?
by ahoinu_diary | 2012-11-02 23:54 | 2012.10

10/24(水)

昨日、楽屋がなかったので、ワンステージ終わって汗だくのまま、表で飲んでいたら、どうやら風邪をひいたみたいだ。鼻がジュルジュルです。・・・が、息子と娘夫婦がやってきて飲む。
by ahoinu_diary | 2012-11-02 23:54 | 2012.10

10/23(火)

三日目は四日市のVeeJay。リハーサルが遅いので、70年代から有る老舗のソウルバー「喫茶YOU」に行く。YOUのマスター金ちゃんは、ブルースやソウルはもちろん、京都や名古屋のバンドをカセットで取った録音を、まめに残している。色んな人が世に残したくない音源が有って、とても恥ずかしい場所である。僕は珈琲を飲む予定だったが、横江がビールだというので、ビールを飲む。
 今日は、キーボードのスパンとアルトの涼子ちゃんがいないので、メンバーは少ないのだが、それでもステージは一杯。最後なので、ガツッと歌う。地元四日市の岬が張り切ったソロ。ボントンの松井も見に来てくれた。
by ahoinu_diary | 2012-11-02 23:53 | 2012.10

10/22(月)

ツアー二日目、正式名は「横江鯖吉Blue Mackerel go go ゲスト 森田裕」です。夕べは3時くらいまでしか飲まなかったので、ちょっと早起きして散歩。小さい頃から好きだった蜂蜜まんじゅうを20個買う。一個50円は安いなぁ。みんな並んで、10個、20個とバンバン売れている。そしてみんなで鰻を食いに行く。津は鰻屋が多くて、上手いところがいっぱいあるのです。僕が食べていた、津駅裏の大観亭支店で、鰻丼のご飯少なめと、うざくとビール。腹一杯で、久居まで行って、もQの墓参り。そしてTOKUZOヘ。
 なるほど、TOKUZOでやると、こんな風に聞こえるわけですな。あまり自分の店以外で演奏することがないので、ツアーは新鮮です。終わって、ホームだとどんどん飲んでしまう内弁慶なワタシ。照喜名くんが、つきあってくれた。
あ、そうそう、ドラゴンズ駄目でした。
by ahoinu_diary | 2012-11-02 23:53 | 2012.10

10/21(日)

横江バンドで津へ行く。僕が高校まで育った街だ。リハーサルの合間を縫って、ライブをやる「パラドックス」というお店の周りを歩き回る。うどんの「あづまや」、定食の「大盛屋」は健在だったが、たいやきの「日の出屋」は無くなっていた。「蜂蜜まんじゅう」は大流行みたい。明日、買って帰ろう!!同級生の親がやっていたトンカツ屋や、スナックも無い。当たり前か、40年前の話だもんな。誰か知ったヤツに偶然会わないかとも思ったが、会っても判らないだろう。
 僕は、早くに両親を亡くしているし、兄弟もいないしで、津に帰って来ることはまず無い。ライブ出来たのが何回か有るのと、一回だけ同窓会みたいなので来たことがあるだけだ。懐かしいもんですね。二日くらいゆっくり出来たら、色んな所へ行ってみたいな。エンマ堂はどうなってんだろう??円空が有ったような気がするが・・・。
 狭い店なのに、4管にキーボードにギターが二本、ドラムとベース。ベースは一人だが、石垣なので二人分場所をとる。横にずらっと並んでどうなることかと思ったが、音は結構落ち着いていて、やりにくくなかった。店の「鳴り」もあるし、PAの岩瀬君が心得ているのだろう。お客さんの中に、昔納屋橋のYAMAHAにいた、谷口恵治さんの同級生が二人いた。谷口さんはヤマハの中二階にいて、僕たちはみんなお世話になった。その後、DX-7の企画書を起ち上げたのが、谷口さんだという噂を聞いて、すげぇなと思っていた。今は海外勤務を経て、音楽ソフトとかの部門の社長だと思う。そう言えば、津出身だったな。
by ahoinu_diary | 2012-11-02 23:52 | 2012.10

10/20(土)

朝8時半に、のりおと待ち合わせ。アマチュアバンドコンテストの審査員に出かける。刈谷までの車中、昨日オーティスで貰った「'78年リトルフィート名古屋公演」のエアチェックCDRを聴く。リッチー・ヘイワード、やっぱり凄い。実はこの日、僕も名古屋公会堂にいたんだよね。当時、リズムのことなど何も判っちゃいなかったにもかかわらず、ドラムとピアノに腰を抜かしたのを憶えている。
 コンテストが終わって帰ってくると、ライブは四気筒[石渡明廣(g)今堀恒雄(g)外山明(ds)湊雅史(ds)]。ドラム二人にギター二人。完全フリーなのだが、ビートのある場面が多く、石渡がベースに回ることになる。色んなアイデアやせめぎ合いが随所にあり、ずいぶんと面白い。客席から笑いが起こることもしばしば。みんなご機嫌で、打ち上げは麒麟楼。
by ahoinu_diary | 2012-11-02 23:52 | 2012.10

10/19(金)

金子マリ・有山じゅんじ。企画立案者の磔磔・水島社長もやってくる。僕も椅子に座って、じっくりと聴く。いいねぇ、たっぷり音楽を味わう気分。マリちゃんが「死んで花実が咲くものか」と言えば有山が「わからんで。誰も死んだことないもんな。」と返す。
水島社長は明日も参戦の構え。
 やばいぜ!!ドラゴンズ。3連勝とは恐れ入った。こりゃ、勝っちゃうな。原の顔。明日決めたい!!
by ahoinu_diary | 2012-11-02 23:51 | 2012.10

10/17(水)

実はCSは、あんまり乗り気じゃなかったんだよね。吉見もソトもいないし、ここへ来て中田まで離脱なんて、巨人に勝てっこないじゃん。でもなんとか巨人に一泡吹かせたい。というのが、ドラゴンズファンのみんなの気持ちなんじゃないか。正直勝てるとは思わない。と思っていたら勝っちゃった。来年頼むよ、大野君!!
by ahoinu_diary | 2012-11-02 23:50 | 2012.10