カテゴリ:2013.08( 14 )

8/31(土)

「大川総裁のお笑い選挙の歩き方2013」大川豊(大川興業総裁)。選挙と言っても、随分前の話のような気がするが、それでも大盛況。選挙報道には一切出て来ない、世間常識から一億光年離れた理想を掲げ、あらん限りの情熱を持って選挙運動に挑む人。長年、爪に灯をともすようにしてコツコツと貯めたなけなしの金で選挙に出て、一切選挙運動をしない、動機不明の人。様々な超泡沫候補に、総裁ならではの愛情満載のレポートが迫ります。理解不能にもかかわらず、その情熱の量に感動したり、ゲラゲラと大笑いしながら、人間の不可思議に混乱したりの3時間。変な候補者っていっぱいいるんだなぁ。なんか、考えちゃいますねぇ。
by ahoinu_diary | 2013-10-09 18:48 | 2013.08

8/29(木)

三文オペラ、プレイベントの顔合わせで、エレガント浜田、お寿、リプトン弦楽四重奏団、DJ.MITSUと会う。林も一緒に、結局、どんな感じの事がやりたいかを説明する。伝える僕の方のイメージが漠然としているわけで、その分個々に負担がかかるのだが、みんな、それなりにイメージが伝わったかと思う。さて、出来るかなぁ・・・・。とりあえず、今回やる事に対して、興味は持ってもらえたと思うけど。
by ahoinu_diary | 2013-10-09 18:48 | 2013.08

8/29(木)

三文オペラ、プレイベントの顔合わせで、エレガント浜田、お寿、リプトン弦楽四重奏団、DJ.MITSUと会う。林も一緒に、結局、どんな感じの事がやりたいかを説明する。伝える僕の方のイメージが漠然としているわけで、その分個々に負担がかかるのだが、みんな、それなりにイメージが伝わったかと思う。さて、出来るかなぁ・・・・。とりあえず、今回やる事に対して、興味は持ってもらえたと思うけど。
by ahoinu_diary | 2013-10-09 18:47 | 2013.08

8/26(月)

ばく進するTOKUZOは、遂にルンバを買ってしまったぞ!!横山の家にルンバが有るらしく、猫の毛までバッチリ取れるというので、欲しくなっちゃったのです。3バンドが出演するときなど、フロアーに荷物が溢れてしまい、開店前の掃除が難しかったりするのだが、閉店後にイスを上げてルンバをONしていけば、翌日店に来る時には、すっかりきれいになっているというはずである。名前も付けた。「信夫君」といいます。早く使いたいなぁ!!!
by ahoinu_diary | 2013-10-09 18:47 | 2013.08

8/25(日)

いわゆる、結果的にはかませ犬みたいな感じになっちゃうわけか??というのは、ボクシングの話。‪井上尚弥‬という選手が凄いというのは聞いていた。プロテストで、現役日本チャンピオンとスパーリングしている映像を見たことがあるが、すでにしっかりとボクシングになっていてびっくりした憶えが有る。この日はプロ4戦目にして、日本タイトルを取っちゃったのだが、すでに日本チャンピオンより一枚上手の力強さをみせていた。ハッと目を見張るスマートさを感じるし、パンチの切れもよさげ。後半で、倒しにかかって自分のボクシングから逸脱してしまった感が有って、やられるとしたら、そこで一発食らうと危ないかなと思ったが、試合後すぐにその点を反省していた。大体が、日本タイトルを穫ったというのに、別にうれしそうでもなかったぞ。KOは逃したが、これはチャンピオンの田口の執念に拍手すべき。会場でも、負けた田口選手に対する拍手には、惜しみないものが有った。「よく頑張ったぞ」という訳だが、そっちがチャンピオンだからね。
 2試合目は村田諒太プロデビュー戦。オリンピックの金メダルといえども、プロでどこまで通用するのかな、と思うじゃないですか。相手は東洋太平洋チャンピオンだよ。デビュー戦でいきなり日本で一番強い奴とやるかなぁ。ノンタイトルとはいえ・・・。と思っていたが、モノの違いを見せつけた。重そうなパンチが、想像よりもグゥッと伸びて来る感じがしたなぁ。見切ったつもりが当たっちゃうんじゃないか。2ラウンドTKO。
 二人の超有望選手の世界取りへ向けての前哨戦だったわけで、負けてしまった二人は、形としては「かませ犬」という事になってしまうが、かませ犬が現役チャンピオンだからね。大晦日くらいに次の試合が有るんだろうか。井上は次の次で、世界戦を狙うと言う。応援しなくちゃっ!村田はミドル級で、世界の壁は厚いと思うが、頑張って欲しい。
 二人の強さには、びっくりしたが、テレビで喋りまくっていた、香川照之にもびっくり。スポーツ中継に視聴率稼ぎで芸能人が出て、ヘラヘラと喋るのが好きではないが、香川照之は本当に詳しいねぇ。映画「あしたのジョー」で丹下段平役やっただけありますな。おそれいりました。
by ahoinu_diary | 2013-08-26 21:46 | 2013.08

8/20(火)

梅津和時・KIKI BANDは、ザッパナーレ帰り。ザッパナーレというのは、フランク・ザッパのカバーバンドが、年に一回集結してやる野外コンサートなのだそうだ。場所はドイツのバート・ドーベランという田舎町の野原でやるらしい。ザッパのバンドに在籍した主要メンバーの多くが今までに出演し、また20年以上も続いているとのことなので、世界中のザッパファンには、有名なお祭りのようだ。ほとんどのバンドが、ザッパのカバー・バンドだという中、KIKI BANDは、ザッパの曲を一曲も演奏しなかったにもかかわらず、大受けだったみたいです。
まぁ、大受けですわね。とにかく全員が妥協無しのゴリゴリで、攻めまくる爽快さは、この日も全開。めまぐるしく、太く、鮮やかに押しまくられる。いよっ!日本一っ!!
by ahoinu_diary | 2013-08-26 21:44 | 2013.08

8/17(土)

元パーキーパットの加藤トモピロからメールが有って、なにやらフリースペースのようなモノを開設したので見に来いと言う。民家を改装して、なんだかんだとやっているというのは聞いていたが、どうやら住居ということではないらしい。どれどれとばかりに、暑い中吹上まで歩いていく。
 塩付通沿いの、今池から行くと、なんやの少し手前右側に、古そうな酒屋さんがあるが、その左隣が、そのスペースの場所。「スタヂオ 新世界」という名前です。音がどこまで出せるのかとか、まだ模索中の様だ。二階にカウンターらしき物が有り、酒を出すに違いないのだが、すぐ隣が6畳くらいの和室になっており、寝る事必至。トモピロ、家へ帰れるのかっ!!!
 まだ、これからの、見切り発車状態の様だが、近場だし色々一緒に出来そうです。あっ!エアコンが無くて、パァパァーの開けっ放し状態でした。
by ahoinu_diary | 2013-08-26 21:44 | 2013.08

8/15(木)

飲食店営業をやっていて、お盆のお客さんの動きなんてのは、毎年気にしている。8月にはキャンプへ行くということになっているので、その日程との兼ね合いも有り、ライブ終了後のお客さんの動向とか、気になってはいるのだが、曜日によって毎年全然様子が違うので、難しいなぁ・・・。今年のお盆は人が動かなかった印象。ま、明日からの週末はわかりませんが・・・。
by ahoinu_diary | 2013-08-26 21:44 | 2013.08

8/10(土)

加藤千晶とガッタントンリズム[加藤千晶(vo.p)鳥羽修(g)高橋結子(dr)河瀬英樹(b)ブラウンノーズ1号(cho.toys)・ブラウンノーズ2号(cho.bano.toys)]ブラウンノーズ[ブラウンノーズ1号、ブラウンノーズ2号] 。加藤千晶の曲は、平易そうに聞こえて、じつはなんだか普通と違ってややこしいのである。その楽曲を、おもちゃ箱をひっくり返したような、にぎやかな演奏でワッセワッセとお届けする楽しい夜である。ブラウンノーズは、福島出身の兄弟らしい。終わってから話していたら、僕が福島で案内してもらった、南相馬のランブリン前田さんは、ブラウンノーズ兄と同級生だとのこと。色んな所で繋がるもんですねぇ。
 鳥羽さんは、ここ数年、吾妻光良にはまってしまって、東京でのステージは、時間が合えば必ず観に行っているとのこと。たしかに、ギターのフレーズも、テキサス系ブルースギターのフレーズがそこかしこに見え隠れしていた。
by ahoinu_diary | 2013-08-26 21:43 | 2013.08

8/8(木)

「ザ・ラスト・アングラ~KUKU村上等感謝祭~」。ここ20年くらい、名古屋のフリーの世界で活躍した人たちが、総集合した感のあるイベント。「KUKU」という店が新栄に有って、地下の薄暗く汚いスペースで、爆音でフリーミュージックを延々と垂れ流していた。ライブの無いときは、村上さんと言うマスターが、あれこれ、ウンチクともボヤキともとれないことを、妙に勢いのある口調で喋っているのであった。現代芸術に対する知識はかなりのものとお見受けした。
実は、彼と彼の店の事は、今の僕のカミさんに教えてもらったのだった。カミさんは、よく5時の閉店までKUKUで飲み、そのまま村上さんと二人で、夜明けのラーメンを食っていたのであった。かねがね、おっかしなおっさん発見!との情報はカミさんから聞いていて、是非、一度一緒に行こうと誘われていた。
 思い出してみると、僕が最初にKUKUへ行った時、僕と村上さんはけんかをしたのだった。ある音色、リズム、メロディー、ハーモニーで、すべての人間が良いと感じる音楽というのは存在するのか。という話で、僕は無いと言い、彼は有ると思うと言ってけんかになったのですわ。つい先日、大友良英にこの話をしたら、「けんかしたのっ!?ははは・・・若かったねぇ・・・。」と言われてしまったが、KUKUという店は、なんとなく論争とか、アングラな気持ちを盛り上げる店だったんだよね。91年とか、そのくらいの時代で、アングラですからね。メニューの中では、ヤクルトラーメンと王将のキョーザを、ゴリ押しで勧めてたなぁ。
 今日の催しの中で、村上さんがドラムを演奏しているシーンが流されたのだが、「すべての人がいいと思う音楽が有る」という発言をした人の演奏とは、とてもじゃないが思えない演奏ぶりで、いたく感銘を受けたのであった。あいつも僕も、ウジャウジャ言ってるだけで、何も考えちゃいなかったのであります。結局どうでもよかったし。
 そういえば、僕と倉本と、ルースと、もう一人おねぇちゃんとで、行ったときもメチャメチャだったなぁ。ルースが、次の日にロスへ行っちゃう、日本最後の晩だというので、じゃぁ、呑もう!となったのだ。ところが、僕も倉本も持ち合わせが無い。そこで、店へ入るなり村上さんに、後日持って来るのでツケにしてくれと、断ってから飲んでいた。散々っぱら酔っぱらい、すっかり朝になって、帰ろうと店を出たら、後ろからチンピラ風の男二人組に呼び止められた。なんのこっちゃと振り返ったとたん、チンピラ二人が、僕と倉本に襲いかかり、亀のようにうずくまった僕たちを、白いエナメルの靴でボコンボコンに蹴りまくられたのである。飛びかかって来て、訳も判らないまま蹴りを入れられたとたんに、こりゃもう駄目だと観念するほど、プロフェッショナルな一撃で、とてもじゃないが勝てっこない相手であった。10分ほど蹴りまくられて、その間女の子二人は「ヤメテェ」とかなんとか、叫んではいたのだろうが、手出しをするような状況ではない。やがて、警察がやって来て、ふたりは連行され、倉本は眼球の上を血が覆ってしまって、前が見えない状態なので、運転できる女の子に車で送って帰らせて、ルースは飛行機の時間が有るので、僕の鼻血がついたままのジーパンでアメリカへ旅立ち、僕は事情聴取を受けた。ようやく終わって、街に出ると、時間は9時半くらいになっており、お金を持っていなかったので、栄の派出所から今池までトボトボと歩いていると、やたら肋骨が痛い。家へ帰って、タクシーで病院へ行ったら、肋骨が3本折れているので、入院しますか?と聞かれた。実は次の日から、バレーボールズのツアーで、神戸、京都と回ったのだが、肋骨折ってシャウトするのは相当辛いです。
 後日、金を返しにKUKUへ行ったら、チンピラ二人組は、その時カウンターで飲んでいたろくでもない奴らで、一人は刑務所から出て来たばかり、もう一人は空手の有段者だったと判明。何も理由らしい物は無かったのだが、憂さ晴らしでやったんじゃないかと言っていた。警察を呼んでくれたのも村上さんだときいた。「ありがとう。助かったよ。」とお礼を言って帰って来たのだったが、後で考えると、知ってたんだったら、お前助けに来いよぅっ!と思うよな。電信柱の影からのぞいたりしてたのか、あの男ッ!!ま、助けに来たら、もう一人けが人が増えてただけだけど・・・。
 村上のおっさん、もういないのかぁ・・・.
by ahoinu_diary | 2013-08-26 21:43 | 2013.08